人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北海道高校新人陸上大会で入賞

tweet
2020/10/15掲載(網走市/スポーツ・教育)

網走の9人

 北海道高校新人陸上大会(9月23、24日=室蘭市)で、網走の高校生9人が入賞を果たした。入賞者のコメントなどは次の通り。
(※質問 (1)今大会で得たもの (2)反省点 (3)今後の目標)

活躍選手インタビュー

▼南ヶ丘高1年男子生徒=棒高跳び4位= (1)1位の選手と自分との違い (2)ポールの硬さを変えるタイミングなど (3)来年の全道で4㍍ 30㌢以上を跳びインターハイ(IH)に出場する

▼同2年男子生徒=走高跳び5位= (1)どんな環境でもいつもと変わらない跳躍をする大切さ (2)助走スピードが足りない (3)来季は2㍍を超えるような跳躍をしてIHでも記録を残したい

▼同2年男子生徒=棒高跳び3位= (1)場の雰囲気にのまれない気持ちの作り方 (2)(大会の)1週間ほど前に無理をしてけがをしたために練習不足だった (3)冬季練習で自分に足りない筋力をつけ走力、跳躍力を上げたい

▼同1年女子生徒=三段跳び3位= (1)強い選手と戦えたこと (2)心に余裕を持てず、緊張から助走でうまくスピードに乗れなかった (3)来季、11㍍以上跳んでIH出場

▼同2年女子生徒=棒高跳び1位= (1)自分にはもっと上(硬い)のポールを使える力が十分にあるということがわかった (2)(体の)振り上げが遅かった (3)来年のIHで戦うため、冬練習で走力をつけ3㍍ 60㌢以上を跳びたい

▼同2年女子生徒=三段跳び4位= (1)緊張せず普段通りのパフォーマンスができた (2)もう少し自分の体をうまく使えるようにすること (3)11㍍ 20~30㌢を跳べるよう冬季練習で跳躍力と走力をつけIH出場を決めたい

▼同2年女子生徒=5000㍍競歩6位= (1)初めての全道で入賞でき大きな自信を持つことができた (2)自分の強みを出し切れなかった (3)来年の全道大会で表彰台に上がりIHに出場したい

▼桂陽高2年女子生徒=棒高跳び2位=自分より強い選手を見て、これからの練習に火がついた (2)安定した跳び、精神力が必要 (3)来季は全道で優勝し、IHで4㍍ 70㌢を跳び決勝進出が一番の目標

▼南ヶ丘高2年女子生徒=400㍍ハードル4位=自己ベストを出し入賞することができ自信がついた (2)ハードルを跳ぶ時間を短く、ハードリング技術を磨く (3)来年の全道大会で優勝してIHへ行くこと   (大)