人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

街路樹の落ち葉…

tweet
2020/11/05掲載(北見市/社会)

「清掃協力に感謝」

 風が吹くたび木々の葉がハラハラと散る季節-。今年、戸建て住宅に移り住んだ北見市内の主婦から「街路樹の落ち葉は誰が掃除をしていますか。自分で片付けた場合は燃えるゴミですか」と聞かれ、排出法などについて調べてみた。

北見市公園緑地課「市民の協力あってこそ」
市が配布のボランティア袋で排出を

街路樹の落ち葉を拾い集める市民

街路樹の落ち葉を拾い集める市民

 街路樹を管理する市公園緑地課によると、街路樹の落ち葉は「基本的に市民に清掃活動の協力をお願いしています」。場合によってロードスイパーを走らせるが、大半の道路は町内会や周辺住民の善意によって、きれいな状態を維持しているのが現状という。

 排出法は「燃やすごみ」の袋に入れて捨てることもできるが、「市が配布している『ボランティア袋』に入れて最寄りのごみステーションに排出してもらえれば回収しています」という。ボランティア袋は、まちきた大通ビル庁舎(環境課)、北2条仮庁舎(市民活動課)、各支所出張所などで配布している。

 街路樹の落ち葉は時に苦情の原因にもなるが、市民の中には「この時期だけなので袋さえあれば大きな手間ではありません。普段気にかけることのない街路樹に目を向けるきっかけになっていますよ」と話す人も。

 そうした声に同課は「非常に感謝しています。毎年、沿道の住民にはご迷惑をおかけしていますが今後もご協力をお願いします」と理解を求めている。 (理)