人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ショパン国際ピアノコンクールin ASIA出場

tweet
2020/12/23掲載(津別町/文化)

津別・女子児童

地区大会経てオンライン審査へ「初の全国、入賞したい」
いざ全国へ

 津別町の女子児童(津別小3年)が、第22回ショパン国際ピアノコンクールinASIAの北海道・東北地区大会小学3・4年生の部に出場、全国コンクール進出を決めた。女子児童は「全国大会は初めて。入賞したいです」と話している。

 ピアノを始めて4年。これまでさまざまなコンクールに挑戦しており、同コンクールには初めて参加した。

 今年の同地区大会は、新型コロナウイルスの影響でオンラインでの開催になり、演奏した動画が審査された。何度も撮り直しできるが、女子児童は緊張感と集中力がもっとも高まった1回目の演奏を投稿した。「緊張もしたけれど、わくわくする演奏ができました」。審査の結果に「うれしいよりも信じられない感じでした」と笑顔を見せる。

 全国大会もオンラインで開催。全国出場が決まって2週間の間に、ぐっとレベルアップした新しい課題曲を仕上げて投稿した。結果は28日に発表される予定。「難しかったけれど頑張りました」と振り返る。

 昨年から指導する北見市の先生は「感性が豊かで勘が良い。練習を楽しめる才能もあります」と女子児童を評価する。

 女子児童は「ピアノは、自分の思いを演奏で人に伝えられるのが魅力。もっといろいろなところで演奏したい」とさらに意欲を見せている。   (菊)