人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

移住特設サイト 美幌町が制作中

tweet
2021/02/02掲載(美幌町/社会)

出演盛りだくさんで「顔見える」目指す

 美幌町は、移住特設サイトの制作を進めている。3月中の開設に向けて、移住者の声を集め、専門機関や業者と連携して美幌の住宅や仕事など、移住を考える人に必要な情報を網羅したサイトを目指している。

実践者らの「声」集め

 サイト開設に向けては、国の新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金を活用。美幌の (1)魅力 (2)移住者の声 (3)生活 (4)住宅 (5)仕事 (6)よくある質問-の大きく6項目での構成を想定している。

 このうち (2)移住者の声では、実際に移住してきた10人(組)を特集。インタビューを通じて移住のきっかけや美幌での生活ぶりなどに迫る。1月28日には、林業館きてらすや子育て支援センターなどで、埼玉県から移住した家族の撮影が行われた。

 昨年12月から今年1月にかけては、広く移住者を対象に18項目のアンケート調査も実施。1月26日現在で約70人が回答を寄せており、実際の声を紹介する考え。

  (4)住宅では、町内の不動産業者セクト株式会社美幌支店と連携。インタビュー形式で美幌の家賃や地価の相場などを紹介してもらう。 (5)の仕事でも、美幌商工会議所や美幌みらい農業センターの職員が出演し、起業や就業、就農、補助金などを解説する計画という。

 制作を担当するまちづくりグループは「移住者の方はもちろん、専門分野の方も顔が見える形で登場してもらうことで、美幌をより身近に感じてもらえるはず。充実したサイトにしたい」と話している。 (浩)