人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

災害発生時にドローンを活用

tweet
2021/02/19掲載(北見市/社会)

北見消防と桑原電装が協定

 北見地区消防組合と市内の桑原電装㈱は16日、災害発生時に無人航空機(ドローン)を活用して支援活動を行う協定を締結した。

上空から広範囲の被災者の捜索や情報収集が可能に

 大規模な火災や自然災害、救急救助活動を要する事故が発生した際、同社は同組合の求めに応じて所有するドローンで上空からの調査や情報収集、捜索などに協力する。土砂災害などで消防士が立ち入ることのできない場所や海・山間部など広範囲で活用できるメリットが大きいという。

 協定の意義について同組合は「コンパクトで機動力に優れたドローンは災害活動に有効」とし、同社は「万一の際に務めを果たせるよう日ごろから準備したい」と話している。

 オホーツク管内では美幌・津別広域事務組合がドローンを所有。民間と消防組織とのドローン活用に関する協定締結は、今回が管内初となる。(柏)