人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

全日本スキー技術選手権出場

tweet
2021/03/03掲載(北見市/スポーツ)

北見市スキー連盟 清水 速人さん(20)

開催に感謝、1種目ずつ楽しみたい
超一流選手も参加する一般で「頑張ってきます」
いざ全国へ

北見若松市民スキー場で練習する清水さん

北見若松市民スキー場で練習する清水さん

 北見市スキー連盟の清水速人さん(20、北見工業大学スキー部)が、スキー操作の技術力を競う、第58回全日本スキー技術選手権大会(4~8日、新潟県苗場スキー場=全日本スキー連盟主催)に出場する。昨年も出場権を獲得していたが、新型コロナ予防対策で中止に。「開催されることに感謝し、1種目1種目楽しんできたい」とフレッシュな意気込みを語っている。

 ジュニアの大会に出場した経験はあるが、すべてのカテゴリーが参加する一般の全国大会は初めて。

 技術選は大回り、小回り、不整地(こぶのあるゲレンデ)などを滑り、審査員がターンの美しさやバーンへの対応力を点数で評価する。ふだん活動する北見若松市民スキー場で練習に励んでいる。

 タイムを競うアルペン競技との二刀流。中止になった大学インカレの代替として釧路市阿寒湖畔で2月に開かれた全国大会ではGS種目に出場した。

 技術選は小学生の時から取り組んでいて、自分のイメージでターンを描く総合滑降種目が得意。「技術系を身に付けると、ふだんのアルペンの滑りもうまくなる」と勧める。

 超一流選手も出場する中で初めての全日本。「頑張ってきます」と爽やかに語る。 (寒)