人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 北見の匠 (5)

tweet
2021/03/09掲載(北見市/社会)

2020年度技能功労者の横顔

㈱タカハシ鉄筋代表取締役 西側 和弘さん(59)
「指導法も人それぞれ、魅力のひとつ」

 北見市川東の㈱タカハシ鉄筋代表取締役の西側和弘さん(59)は鉄筋工として技能・技術向上に努め、その卓越した知識と指導力で若手技能者の育成にも精力的に取り組んでいるとして、今年度の北見市技能功労表彰を受賞した。

 高校卒業後、別の業界に進んだが「やっぱり、高校の時にアルバイトで経験した鉄筋工の世界が良くて」と北見市内の鉄筋会社の門をたたいた。「当初は、あんちゃん呼ばわりで」と、今とは大分違っていた業界を振り返る。

 その後、高橋鉄筋に勤務。技能を覚えるとともに知識を身につけ、1級鉄筋技能士資格を取得した。平成23年に現・タカハシ鉄筋を立ち上げている。

 鉄筋工の仕事は、図面を基に現場の寸法を測り、工場で鉄筋を曲げたり、切ったり、加工して建設現場で組み立てる。現場は個人住宅から大きな仕事では最近、市立中央図書館や市役所の新築工事に携わった。「完成してしまえば私達の仕事は隠れて見えなくなってしまうんですけれどね」と笑う一方で、縁の下の力持ちの仕事を自負する気持ちが言葉の奥から伝わってくる。

 北見地方鉄筋組合に所属し平成24年からは鉄筋施工の技能検定の補佐員を務め、若手技能者の指導にあたる。自社の若手社員の育成にも心を砕き「ほめて伸びる人もいれば、厳しくするほうがいい人もいる。人それぞれで難しいが、この道の魅力である、ものづくりの達成感は伝えていきたい」ときりりとした表情で前を向く。 (寒)