人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

「俳句は人生、俳句は生活」

tweet
2021/03/22掲載(北見市/文化)

4冊目の俳句集発行

 北見の小林大雪さん(90)が、4冊目となる俳句集「小林大雪一千句」を発行した。「日常や吟行で詠んだ句をまとめました。90歳の記念というわけではありませんでしたが、記念のようになりましたね」と話している。

北見・小林 大雪さん(90)
90歳の節目に一千句選んで収録
五感使い読み手と感動の共有を

 小学生の時から俳句に興味があったという小林さん。定年退職後の趣味として本格的に始めたいと、退職前から妻が所属していた俳句結社に参加するようになった。現在は、俳句結社「壺」に所属し、北見濱の会、一会俳句会、俳句塾北見、俳句クラブ霧氷林で指導するなど、活動している。

 句集はこれまでに2001(平成13)年と05年、11年に発行。4冊目となる今句集は、05年以降に詠んだ俳句の中から、文字通り一千句を選んで収録した。「(千本刀の)弁慶のように、区切りのよいところで一千句にしました」と笑う。

 俳句のために毎年のように見に訪れている流氷やタンチョウヅルといった北海道ならではの題材をはじめ、全国各地を吟行して詠んだ句などを、解説と思い出を加えて掲載。市内の野付牛公園を描いた自身の油絵を表紙にし、タイトルなどのレイアウトも自分で行った。

 「俳句を始めると、ものの見方が変わる。五感全部使って、詠み手と感動が共有できるところが魅力」と話す。

 昨年、90歳を迎え「俳句は人生、俳句は生活」と考えるようになったそう。「大会ならある程度は一生懸命熱を入れなくてはいけないけれど、俳句の基本がきちんとしていれば、生活の中の俳句は難しく考えなくていいのでは」という。

 健康の秘訣は「早寝早起きし、規則正しい生活をすること」ときっぱり。「これからも仲間と楽しく暮らしたい」と笑顔を見せている。

 句集は300冊発行し、同人仲間に配布。北見市内の図書館にも寄贈する予定。 (菊)