人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

電子申請システム導入へ予算計上

tweet
2021/04/12掲載(北見市/社会)

北見市 窓口に行かず各種申請が可能に

 北見市は、インターネットを通じて各種手続きを行う電子申請システムの導入費として622万円を新年度予算に計上した。市役所窓口に行くことなくスマートフォンや自宅のパソコンから申請が可能になる仕組みで、今秋の運用開始を視野に準備を進めている。

今秋の運用スタート目指す

 北見市は、道内120余りの市町村と道が運営する「北海道電子自治体共同システム」に参加。利用者はスマートフォンやパソコンで市の公式ホームページから必要事項を入力して申請する。本人確認にはマイナンバーカードなどを使用。現在は窓口に直接出向いたり、HPから申請書をダウンロードして郵送または持参という流れだが、同システムは原則、ネット上で手続きが完結する。

 移動や待ち時間に費やす労力・コストを軽減できるほか、混雑回避につながるため新型コロナウイルスなど感染症予防の上でもメリットが見込めるという。

 市情報システム課は今後、システム導入に向けて各部局ごとに実施可能な申請メニューの絞り込みや優先順位付けを行い、今秋から随時運用をスタートさせたい考え。

 児童手当などの子育て関連や利用件数の多い申請を優先的に実施する可能性が高いという。ただし住民票や印鑑登録証明書の交付など手数料のかかるものは当面、電子申請の対象に含めない。 (柏)