人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

放課後児童を応援

tweet
2021/04/13掲載(訓子府町/教育)

訓子府町、月1で社会教育3施設

 今度の月曜日はー。児童の放課後の居場所づくりに今年度、訓子府町の社会教育3施設が乗り出す。コロナ禍で活動場所が少なくなった児童への支援策。毎月1回、各施設が企画行事を用意し受け入れる。初回は今月19日(月)午後2時半から町公民館を会場に開設。カラオケ体験や工作を夕方までの間、楽しむ。スポーツセンター、図書館を含め3施設がスクラムを組んで、放課後児童を応援する。

町公民館、スポセン、図書館
校外の居場所づくり 社会性も身につけ

訓子府町公民館(左)とスポーツセンター(右)

訓子府町公民館(左)とスポーツセンター(右)

 新型コロナウイルス感染防止策として町児童センターでは原則、登録したクラブ員に限って活動できる。多い日には70、80人を超す児童が訪れる。

 訓子府町教育委員会は、そのほかの児童を含め放課後の活動場所の確保を模索。3つの施設が月1回、持ち回りで会場とすることで児童の居場所を拡大する。各施設は月1回の対応だが、児童にとっては月3回、開設場所がある計算。施設にはそれぞれ特徴があり、校外活動を通じて、学校や家庭以外での体験や社会性にふれることができればと期待する。

 それぞれ1回目の日程は、町公民館が毎月第3月曜日で4月19日に「集まれ!公民館Kids」と呼び掛け、開設。日ごろ、若がえり学級などが楽しむ同公民館のカラオケ設備を子ども達が体験する。密を避け、消毒を徹底する。

 毎月第2月曜日は町スポーツセンターが会場で5月10日の初回は「放課後スポーツ大作戦」と題して、施設を開放。各種スポーツを体験する。

 毎月第1月曜日は町図書館が会場で「放課後図書館くらぶ」の名称で開設。6月7日の1回目は映画会や工作を準備している。

 開設時間は午後2時半~4時を想定している。もちろん開設日以外の利用も可能。公民館やスポーツセンターは月曜日が休館で、一般利用者と児童の接触機会がないのは感染防止対策としても有効だ。

 同教委の社会教育課長は「各施設を知る機会にもなってくれれば」と期待を込める。   (寒)

 

訓子府町図書館

訓子府町図書館

利用を呼び掛ける町教委のチラシ

利用を呼び掛ける町教委のチラシ