人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

昨年に続き 新型コロナ対策求める

tweet
2021/04/20掲載(北見市/社会)

北見商工会議所が北見市に要望書

 北見商工会議所(舛川誠会頭)は15日、北見市政に関する要望書を辻直孝市長と高橋克博市議会議長にそれぞれ提出した。毎年要請している経済活性化対策に加え、喫緊の新型コロナウイルス感染症対策としてプレミアム商品券の再発行やPCR検査経費の補助などを求めている。

プレミアム商品券の再発行やPCR検査費用補助
辻市長「地域経済動かす支援」提案の考え

 新型コロナ対策は昨年に続き2度目の要請。要望書では「地域経済は深刻な影響を受けており、未だに予断を許さない状況」と指摘し、9項目を求めている。主な内容は、中小企業向けの支援金の支給と拡充をはじめプレミアム商品券の再発行、地域公共交通クーポン券の発行、PCR検査費用の一部助成、最低限の感染者情報の開示など。

 このほか経済活性化対策としては「景気対策」「中心市街地活性化」など4分野について要請。新規要望として同会議所などが冬期間に小公園で実施したホワイトイルミネーション事業の継続に向けた支援、バス、タクシーの維持存続支援を盛り込んだ。

 この日、同会議所役員とともに市役所を訪れた舛川会頭は、辻市長に「コロナ禍が長期化する中、廃業せざるを得ないという悲痛な声も多い。スピード感を持って実効性のある事業に取り組んでいただきたい」と要請。

 辻市長は「プレミアム商品券など地域経済を動かす支援を考えている」とし、27日開会予定の臨時市議会で地域経済活性化支援策事業を提案する考えを示した。   (柏)