人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

桜散れど、足元に黄色く

tweet
2021/05/11掲載(北見市/話題)

北見市内で野草ひっそりと

花だより

金刀比羅さくら公園に咲くエゾキケマン

金刀比羅さくら公園に咲くエゾキケマン

 一斉に開花した北見市内の桜。その美しさに目が奪われ、人々の視線が上へと向かうが、足元にもひっそりと黄色い花を咲かせる“春”がある。

 桜の名所・金刀比羅さくら公園では、山地の日当たりがいい草地で見られるケシ科の「エゾキケマン」が顔を出す。同じ仲間のエゾエンゴサクが群落をなすのに対して、こちらは株数が少なく控え目だ。桜のピンクとエゾキケマンの黄色の組み合わせが、春らしさを一層引き出す。

 また、相内神社の境内にはユリ科の「キバナノアマナ」が咲く。花の大きさは小指の爪ほどと小さいが、6枚の花弁を思い切り広げ、はつらつとした印象を受ける。

 桜の見ごろは終わり、人々の視線が地面に散った花びらへと移る今、ひっそりと花の競演が始まる。   (理)

 

相内神社に咲くキバナノアマナ

相内神社に咲くキバナノアマナ