人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

藻琴山ハクサンイチゲ群生なくなる

2021-07-08 掲載

(美幌町/社会)

盗掘?撮影の男性「悲しい」

昨年6月13日に撮影したハクサンイチゲ
昨年6月13日に撮影したハクサンイチゲ

 高山植物の撮影を楽しむ美幌町在住の男性(85)が6月、藻琴山のハクサンイチゲの群生が掘り返されているのを発見した。男性によると、盗掘された可能性が高いといい「悲しい」と残念がっている。

 男性は登山歴60年を超え、近年は花の撮影を中心に楽しんでいる。藻琴山のハクサンイチゲは毎年6月ごろに咲き、今年は6月4日と9日にお気に入りの撮影スポットを訪れた。4日はつぼみの状態だったが、9日には株ごと根こそぎ掘り返された跡があったという。

 男性は「藻琴山の花は笹の分布拡大もあるが、10年前に比べ3分の2ほどに減っている。この場所も移植をしないともう咲かないだろう。さびしい限りだ」と肩を落としていた。 (浩)

掘り返されていた今年6月9日の同じ場所
掘り返されていた今年6月9日の同じ場所

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • ハクサンイチゲ
  • 盗掘

関連記事