人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

スポーツ一直線

2021-07-09 掲載

(北見市/スポーツ・本誌連載)

北見工業高校ラグビー部 白川 悠馬さん

 北見工業高校ラグビー部の白川悠馬選手(2年)は、司令塔のスタンドオフとして今季の活躍が期待されている。

技術磨き支部予選優勝を
司令塔としての活躍に期待
サッカーの経験生かし「いい回転のロングキックを」

 中学時代はサッカー選手として活動。高校入学後に顧問の石田雄悟教諭の誘いもあってラグビー部に入部した。ラグビーを始めて感じたのが、コミュニケーションの重要性。「15人同士で戦う大人数のスポーツなので個々の能力以上に選手間のコミュニケーション、雰囲気づくりが大切」と語る。昨年は新型コロナウルスの影響で練習できない時期が長く、今年も約2週間の休止期間があった。「久しぶりに皆で集まって練習した時は嬉しかったですね」とラグビーができる喜びを噛み締めている。

 サッカーで培ったキック力を生かし、1年生の冬からスタンドオフを務めている。「キックの飛距離をさらに10㍍伸ばし、いい回転のロングキックを蹴れるようになりたい」と語る。

 憧れの選手はニュージーランド代表で日本のトップリーグのサントリーで活躍したボーデン・バレット選手。試合の最初から最後まで笑顔でプレーする姿に感銘を受けたという。

 当面の目標は8月の北見支部予選。「優勝したいですね」と日焼けした顔をほころばせる。

 石田教諭は「一つ一つの練習を理解しながらひたむきに取り組んでおり、この1年で人としての成長が感じられる。今後はさらに粘り強さを身につけてほしい、司令塔として人を動かしてほしい」と期待を寄せている。(柏)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • スポーツ一直線

関連記事