人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

中体連、管内軟式野球大会で初優勝

tweet
2021/07/30掲載(訓子府町/スポーツ)

訓子府中学校野球部

 訓子府中学校野球部が中体連のオホーツク中学校軟式野球大会で優勝した。管内代表として全道大会に進出する。72回を数える大会で同部の優勝は初めて。「全道大会でも優勝するぞ」と暑さの中、練習に打ち込んでいる。

暑さの中でも練習に打ち込み
「目標は全道優勝」

 勝ち上がった8チームによる第2ステージで訓子府中は準々決勝紋別潮見中戦に8-1、準決勝の北見高栄中戦を4-2と勝ち進み、端野中との決勝戦へ。

 試合前、主将(3年)が「集中を切らさず、試合を楽しもう」と声出し。三本柱の投手(2年)、副主将(3年)、投手(3年)の3人で投げ継ぎ3-3で延長戦へ。選手(3年)のサヨナラ打で激戦を制した。「うれしかった」と副主将。

 2018年に野球少年団・訓子府KL球友が初めて全道準優勝を果たした時の6年生8人が今中学3年生としてチームを引っ張る。指導する同部顧問の監督は「少年野球の指導者が基礎をしっかり教えてくれているおかげです」と感謝。練習では守備の一員となって、ひときわ大きな声で鼓舞する。

 全道大会は8月1日から旭川市で開催。副主将は「準優勝ではなく目標は全道優勝」、主将は「最後まで諦めることなく、楽しむ心も」と大いに張り切っている。

(寒)