人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

地元の“いいね”文や字でPR

tweet
2021/07/30掲載(北見市/教育)

北見商業高生がPOP広告学ぶ

市内店舗で使用中

 北見商業高校流通経済科2年生39人がこのほど、旭川市在住の女性を講師に、地元の特産品を店頭でPRするPOP広告の作成に挑戦した。

 マーケティングの授業の一環。6月には北見出身のコピーライターを講師に、地元特産品などのキャッチコピーを考えた。この日は、講師が「ココロおちつく、オホーツク。」など、生徒のキャッチコピーを講評。生徒は自分で作り講師が選んだキャッチコピーを元に、オホーツク全体と地元の特産品合わせて30種類のPOPを作った。

 女性はまず、調べることを提案。オホーツクや北見、生産者の思いを込め、自分が買いたくなるような内容をと呼びかけた。生徒達は写真やイラストを使うなど、高校生らしい楽しいPOPを作っていった。

 おこっぺ発酵バターケーキを担当した女子生徒は「牛をイメージして、生産者の方や牧場の様子が伝わるようなものと考えました。コピーは初めてで難しかったですが、POPは絵を描くのが好きなので楽しかったです」と話していた。

 生徒達が作ったPOPは、市内のコミュニティプラザパラボと東武イーストモール端野店で使用されている。     (菊)