人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約84,000部を所定エリア全域配布

敬老連載 ご長寿さん

2021-10-07 掲載

(訓子府町/本誌連載)

訓子府・91歳女性

緊急事態宣言解除に喜び ゲートボールなどのびのびできそう
正月に孫らが集まるのが楽しみ

 訓子府町在住の91歳女性は新型コロナウイルス感染対策の緊急事態宣言が解除されるのを歓迎する一人。「好きなゲートボールや町の若がえり学級の活動がのびのびできそう」と喜ぶ。正月には再び、大勢の家族が集まることを楽しみにしている。

 1929(昭和4)年同町生まれ。子どもの頃そして少女時代と戦争真っ只中だった。「着る物もなく、履く物もない。子どもは裸足で畑作業や馬の世話をした。青年学校ではナギナタの修練を受けた。今からみれば、うそみたいだけれどね」

 24歳で実家の近くの農家に嫁いだ。小麦、じゃがいも、ビートなど畑作三品を栽培。息子さんの代にバトンタッチし、夫は91(平成3)年に先立った。落ち込むチヨさんだったが、やがて町の若がえり学級に参加。元来、花づくりが好きだったことから園芸グループで活動した。秋の文化祭には93(同5)年から押し花作品を出展する。さらには最近もストレッチグループで運動を続ける。

 「体を動かすのが好き」と上杉さん。花の世話や家で食べる分の野菜作りをはじめ、忙しいお嫁さんに代わって今も昼食の準備を担当する。「こまめにちょこちょこ動くのが健康にいいのかも」と歩く速さも若者以上だ。

 好きなゲートボール会場へ毎日のように通う。最盛期を知るレジェンドで、審判資格を80歳で返上した今も現役選手として活躍する。4年前に6人で秋田県の全国大会に行ったのが楽しい思い出だ。

 「家族が大事にしてくれる」と女性。孫12人、ひ孫10人。正月にはひーばあちゃんを囲んで30人ほど集まるが「今年はコロナ禍でそれもかなわず、お盆もつまらなかった」とこぼす。再びみんな集まれる日が来ることを願っている。 (寒)

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー

キーワード

  • 長寿

関連記事