「秋の全国交通安全運動」スタート

2022-09-22 掲載

(北見市/社会)

21〜30日、重点目標は飲酒運転の根絶や全座席のシートベルト着用

北見では初日に市民集会、街頭啓発も

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 「秋の全国交通安全運動」(9月21〜30日)の初日、北見市交通安全市民運動推進委員会主催の市民集会が東武イーストモール端野店駐車場で行われた。260人が参加し、交通事故防止を誓い合った。

 同運動の重点目標は①子供と高齢者を始めとする歩行者の安全確保②夕暮れ時と夜間の歩行者事故等の防止及び飲酒運転の根絶③自転車の交通ルール遵守の徹底④スピードダウンと全席シートベルトの着用——の計4点。期間中、各地で啓発活動が展開される。

 市民集会では参加者を代表し、市老人クラブ連合会の北川正美副会長と佐藤富美子副会長が「交通ルールを順守します」などと決意を表明した(写真)。

 終了後には同店前の国道39号で街頭啓発を行い、ドライバーにチラシを手渡して安全運転を呼び掛けた。 (匡)

キーワード

  • 秋の全国交通安全運動

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー