10月1日から本格運行

2022-09-23 掲載

(北見市/社会)

留辺蘂市街地コミュニティバス「白花豆号」

北見市、市議会総務教育常任委で報告

 北見市は昨年12月から実証運行を行っている留辺蘂市街地コミュニティバス「白花豆号」について、10月1日から本格運行に移行する。本格運行に合わせて、運行内容の一部を見直す。20日の市議会総務教育常任委員会で報告した。

 見直しは利用状況や利用者アンケートの結果を参考に、停留所を追加。旭3区と旭東に1カ所ずつ、計2カ所を新たに設ける。また、路線バスとJRとの乗り継ぎを考慮し、全6便の運行時刻を変更する。

 これにより、1便の運行時刻は「午前9時〜9時47分」が「午前8時40分〜9時22分」に、6便の運行時刻は「午後3時半〜4時17分」が「午後3時40分〜4時22分」となる。(匡)

キーワード

  • コミュニティバス

関連記事

検索フォーム

キーワード

地域

表示順

 

カレンダー