北見 網走 オホーツク特選街ロゴ

NPO法人 北見文化連盟

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】

住所:北海道北見市北四条東4丁目11番地2

電話:0157-22-0099

FAX:0157-22-0099

 

 

 

 

北見文化連盟は、北見地方の個人や文化団体に対し、相互の交流、連絡協議、文化活動などを通じてオホーツク文化圏の確立・発展に寄与し、次世代を担う子ども達の文化土壌を豊かにすることを目的とする団体です。

 

加盟文化団体の活動支援にも力を注いでいます。

 

■北見文化連盟の活動内容

北見文化連盟は年間を通して様々な活動を行っております。

 

市民大学講座の開催

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

 市民の生涯学習意欲と文化意識の向上を目指して、各分野のスペシャリストを講師に実施しています。時代のニーズにあった市民の関心の高い内容を模索して、高齢化、医療、災害、極東ロシア等の内容となってきています。

 


第47回北見市民大学講座

開講日:平成31年5月8日(水)から7月3日(水)計5回

時間:午後6時00分~午後7時30分頃まで

会場:北見市民会館小ホール・北見芸術文化ホール

※第4講座のみ北見芸術文化ホール中ホール

受講料:全講座4,000円、単講座1,000円(学生500円)

受講締切:全講座2019年5月8日(水)、単講座当日受付まで

 

「視野を広げて豊かな人生を」をテーマに大学などで学ぶ講義を市民に聞く機会を設けて、郷土・学術の深奥を究めたりする。また、受講者間の親睦を深めることにより、共に学ぶ仲間を増やす。

 

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

第1講座 5月8日(水)

講師:田川とまた

役職:漫画家

演題:ひとりぼっちにはなれない~私が漫画に込めた寂しさ~

漫画家を目指すきっかけは、友人や家族の「漫画面白かったよ」という一言でした。学生時代の青春話や上京後連載を勝ち取るまでの道のりに触れた上で、現在連載中の作品に込めたテーマ「他者と孤独」について語ります。私は失敗の絶えない人間で、幾度も周囲に迷惑をかけてきました。そのため人間関係における「痛み」をずっと抱えて生きてきました。しかし私たちは孤独ではいられません。他者と幸福に生きていくにはどう自分と向き合えばいいのか、様々なエピソードを交えながら講話します。

講座の様子は、こちら

 

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

第2講座 5月22日(水)

講師:岡本卓

役職:愛しの内科クリニック院長

演題:こころと痛み

最近の研究で「慢性疼痛」に「こころ」が関与していることが明らかになってきました。講演では、最新の疫学調査を紹介し「こころの不調」と痛みの主訴とする「偏頭痛等の有症率の増加」について概説し、慢性の痛みの「発症の仕組み」について理解を深め、最後に「痛みの調整法」に注目し、2つの治療方法の有効性とその実践方法について解説します。最後に「笑いヨガ」の紹介を試み、地域の皆様の「慢性の痛みの緩和」を実現すべく講義を行います。

 

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

第3講座 6月5日(水)

講師:山田照夫

役職:津別町有機酪農研究会顧問

演題:おいしい牛乳を作ったら、みんなが笑顔になった~農薬に頼らない酪農経営~

津別町の酪農家2代目として、牛乳の生産高を重視した酪農経営を進め数々の賞を受賞したが農薬入りのエサを与え続けた結果、牛の健康寿命が短くなった。良い土を作り始めるが、土地は痩せ苦難の道を歩み続ける。土地が元通りになりエサの収穫量が上がり、幼い頃に飲んだ牛乳の味に変わった。オーガニック牛乳の販売を開始後も近隣の酪農家たちで、環境に優しい酪農業を進めている。酪農家として自然環境に逆らうことはできないことを通じて講話する。

 

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

第4講座 6月19日(水)

講師:本橋麻里

役職:ロコ・ソラーレ代表理事

演題:0から1をつくる

カーリングとの出会い、常呂町から世界へと挑戦の場を広げていく。チーム青森での経験を生かして、地元から世界へ挑戦するために「ロコ・ソラーレ」を発足。ゼロスタートから地域の人、企業等の協力を仰ぎ、徐々にチームとしての成長を遂げて世界で戦えるチームを作っていった過程の中で応援して頂いた方々の絆が世界選手権、平壌五輪で勇気を貰い結果を出せた経験を組織マネジメント術などで講話する。

講座の様子は、こちら

 

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】市民大学講座

第5講座 7月3日(水)

講師:羽二生博之

役職:北見工業大学機械工学専攻主任・ものづくりセンター長

演題:NHK学生ロボコンへの取り組みと本戦での裏舞台

NHK大学ロボコンは大学生が共通の課題をクリアするためにアイデアと工夫をこらしてロボットを作って対戦してポイントを競います。当初は、機械工学の学生で発足したチームですが、年々課題が高度になり高性能マイコンと高度なプログラム開発が必要となり、電気と電子及び情報工学の学生が加わり協働での開発体制に成りました。各工学が協力し合う事は、異分野の技術者や研究者の話していることを理解して製品開発等で意思疎通が図れる能力が養われます。講義では、ロボコンの魅力を講話します。


 

文化交流会の開催

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】文化交流会

 昭和51年(1976年)時は屋外にて開催でしたが、平成15年(2003年)より屋内にてビールパーティ形式に変わりました。「飲んで食べて文化を語り合おう」をモットーに、会員の皆さまに精魂込めた珠玉の作品のご提供をいただき、市民及び会員相互の交流を深めます。

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】第41回文化交流会

第41回文化交流会

開講日:令和元年8月6日(火)

時間:午後6時00分~午後8時頃まで

会場:北見経済センター

参加料:2,000円

チケット販売先:NPO法人北見文化連盟及び加盟団体

 

総合芸術祭(きたみ市民芸術祭)の開催

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】総合芸術祭(きたみ市民芸術祭)

 舞台部門・展示部門を中心に日頃鍛錬の成果を市民に披露し、文化の関心を高め芸術の秋を満喫していただきます。

 

北見文化賞授賞式の開催

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】北見文化賞授賞式
【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】北見文化賞授賞式

 北見文化賞規程により、それぞれの分野で永年にわたる文化活動と、指導者として初心者の育成と普及発展に貢献された受賞者を選考して表彰します。

下記リンクにて歴代受賞者をご覧いただけます。

※PDFファイルとなっております。スマホなどのモバイルなどでご覧の際は通信量にご注意ください。

北見文化賞歴代受賞者

 

林白言文学賞授賞式の開催

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】林白言文学賞授賞式

 北見文化連盟初代会長林白言氏の死去により、平成8年(1996年)に「林白言文学賞」が創設されました。オホーツク地域関連の著書の優れた文学書を選考し表彰します。

 

【応募規程】

1.対象作品

平成30年11月1日から令和元年9月30日までに出版された創作集(小説・評論・ルポなど)および詩歌集(短歌・俳句・川柳・詩)。

2.応募資格

網走管内在住者 出身者 『文芸北見』『市民大学』 に関わるなど地域にゆかりのある方。

3.応募方法

令和元年10月5日までに文学賞会議宛へ簡単な作者略歴を添え1件につき5冊の作品集を送本のこと。

本は返却しません。小説・創作等は雑誌掲載の作品も可。自薦他薦を問いませんので、多数応募下さい。

4.選考結果発表

令和元年12月上旬。北海道新聞、情報紙等

5.賞

賞状・楯・賞金5万円  および北海道新聞からの副賞

 

ポスターはコチラでご覧いただけます。(PDFファイル)

 

その他の事業

【北海道北見市|北見文化連盟|NPO法人、文学、絵画、写真、詩吟、短歌、俳句、民謡、舞踊、ダンス、バレエ、書道、華道、太鼓、カラオケ、茶道、演劇】文芸北見

・「文芸北見」の発行

 昭和46年(1971年)に創刊した市民文芸誌です。現在は「文芸北見発刊実行委員会」を中心に企画編集を行い、年1回発行しております。

掲載作品数は、150人の作品694点(創作10編・随筆10編・詩4編・短歌180首・俳句435句・川柳55句)で220頁。オホーツク地域の代表的な文芸誌として七百部発行した。今号は、昨年秋創立百周年記念誌を刊行した常呂の俳句結社「蛙声会」のあゆみを軸に地域文化の変遷を詳細にまとめた「蛙声の記憶」(小山田翠明作)などがある。

文化連盟事務所にて販売しています。書店販売は、福村書店・コーチャンフォー北見店・網走市フジヤ書店に定価1,250円にて販売中です。

 

・「北見文化連盟広報」の発行

北見文化連盟の活動を広報紙で発行しています。

下記リンクよりPDFでもご覧いただけます。

※カッコ内は容量となっております。スマホなどのモバイルなどでご覧の際は通信量にご注意ください。

北見文化連盟広報6号

北見文化連盟広報7号

北見文化連盟広報8号

関連ページ

加盟団体【NPO法人 北見文化連盟】

北見文化連盟に加盟している団体の紹介ページです。ご興味のある方はぜひご覧ください。

沿革【NPO法人 北見文化連盟】

北見文化連盟の歩みを掲載しております。