腕時計のメンテナンス・扱い方

【北海道北見市|時計・宝飾/オバタ|時計・ファッションリング・ネックレス・ダイヤリング・マリッジリング・パール製品・電池交換】メンテナンスTOP

■取扱店:時計・宝飾/オバタ

 

ここでは腕時計のメンテナンスをはじめ、意外に知らない時計のあれこれを書いております。

 

皆様の腕時計はメンテナンスしてますか?

★磁 気★

私たちのまわりには、携帯電話、オーディオスピーカー、冷蔵庫や家具のドアのマグネットなど、磁気の発生源がたくさんあります。これらの物から発生される磁気は、時計のモーターの正常な回転を狂わす原因となります。また、磁気による影響の受け方は時計の種類によって違います。

 

アナログ(針表示式)クォーツ時計

・アナログクォーツ時計は、極小のモーターで針を動かしているため、スピーカーなどの磁気を発生する製品の影響を受け、モーターの正常な回転が狂い、時計の遅れ、止まり、時には進みなどを引き起こします。

・磁気によって狂いの生じたアナログクォーツ時計は、故障しているわけではありません。磁気から遠ざければ、時計はもとの精度に戻ります。あらためて正しい時刻にセットし直してご使用ください。

・但し、時計に磁気が強く残っている場合は、脱磁をする必要があります。

 

機械式時計

・機械式時計(手巻・自動巻)の場合は、磁気をの影響はアナログクォーツ時計ほど顕著ではありませんが、強い磁気を受けると一時的な遅れ、進み、止まりが生じることがあります。

・機械式時計は、一度磁気の影響を受けると磁気から遠ざけても時計に磁気が残り、後々まで影響されます。この場合、脱磁を行う必要があります。

 

デジタルクォーツ時計

・デジタル(数字表示式)クォーツ時計には、モーターや歯車などの機構がないため、磁気の影響はありません。

・但し、アラーム(電磁スピーカー)付きのものは、強い磁界の中では、アラーム音が小さくなる場合があります。

 

身の回りの電磁気製品に注意すること。

オーディオスピーカーなどの電気製品や家具のマグネットなど、身の回りには磁気を発生する製品がたくさんあります。

突然の遅れが生じたときは、磁気の影響を受けている可能性があります。

 

携帯電話にも注意を。

携帯電話と時計を一緒のバッグに入れておいたり、腕からはずして近づけて置いておくと、スピーカーなどから発生される磁気の影響を受けやすくなります。携帯電話には近づけないように注意しましょう。

 

強い磁界に遭遇したときは、脱磁が必要。

強い磁界に遭遇したときは、時計の部品が磁化されていることもあります。この場合は脱磁(磁気を消す作業)を行うと元の状態に直すことができます。脱磁はお近くの時計販売店にご相談ください。

 

5cm以上離しておくだけで、磁気は弱まります。

磁気の影響による場合は、時計を磁界から遠ざければ問題はありません。時刻修正をし直して、使い続けても大丈夫です。

磁界の強さは、距離の二乗に反比例するため、磁気の発生する製品からの距離によって受ける影響も全く違ってきます。

磁気を発生している製品から5cm以上離しておけば、磁気の影響はほとんど受けなくなります。

 

★防水・非防水★

防水時計といっても注意は必要!

・日常の使用でも、防水性能を超える高い水圧を受ける場合があります。洗車機の水や勢いの強い水道水・シャワーなどが直接時計に当たらないように注意してください。

・時計に水が付いた状態でりゅうず操作をしないでください。

・過度石鹸やシャンプーはパッキンの劣化を早めることがあるため要注意です。

・温泉には金属を変色・腐食させたり、パッキンを劣化させる成分が含まれていますので、入浴時は時計を外しましょう。

 

日常ご使用になる際には、以下の点に注意していただくことにより、良好な状態を維持することができます。

・パッキンは、有機溶剤や化学薬品に弱いためお気をつけください。

・汗や水が付着したまま放置すると、りゅうず部分や裏ぶた周辺が腐食するのでご注意ください。

・りゅうずのさび付きを防止し、パッキンの滑らかさを保つために、時々りゅうずを空回ししてください。

 

良好な状態で防水性能を維持するためには2〜3年に一度の内部点検とパッキン交換が必要です。

・電池交換や点検は、必ずお近くの時計販売店か各メーカーにお申し出ください。

・日常生活用強化防水時計については、防水検査を併せて行う必要があります。お近くの時計販売店にご相談ください。

ダイバーズウォッチは電池交換時期も忘れずに。

・ダイバーにとって時計は潜水時間を知る大切な道具です。最近は自動巻発電方式やソーラーなどの電池交換を必要としないダイバーズウォッチも増えていますが、電池式の場合はダイビング中に電池切れで停止しないように日頃から電池交換時期を確認しておきましょう。

・電池交換や点検が、安全保持のためメーカーが責任を持って行いますので、必ずお近くの時計販売店等にお申し出ください。

 

★機械式★

機械時計の精度

機械時計は機種によりますが、1日に10〜60秒程度の進みや遅れが生じます。したがって、時々時刻を合わせることが必要です。

 

機械時計の合わせ方

機械時計はクォーツ時計と機構が異なります。時刻を合わせる際には、りゅうずを引いて分針を5〜10分手前にしておき、そこからゆっくり進めて、正しい時刻に合わせ、最後にりゅうずを元に戻してください。(注:機種により秒針が止まらないものもあります)

 

秒針の動き方

クォーツ時計の秒針は1秒毎に止まって秒を刻みますが、機械時計の秒針は小刻みに動く為、滑らかな動きに見えます。

 

巻き上げのコツ

・手巻き式や自動巻、手巻き併用式の場合は、毎日同じ時間に巻き上げるようにすると精度が安定してきます。

・りゅうずは感触を確かめながらゆっくりと巻いてください。手荒な巻き上げは故障の元になります。

 

分解掃除について

・機械部品に湿気入り、汚れ、油乾きが生じると持続時間が短くなったり、精度が低下することがあります。また、錆が発生することもあります。改善する為には分解掃除(オーバーホール)が必要です。

・定期的な分解掃除(オーバーホール)は「人間ドック」のようなものです。常に良いコンディションを維持する為に、熟練した技術者が細部まで点検し、部品の汚れを取り除き、注油や調整をします。油を注すことにより、部品の摩耗を軽減させます。さらに防水性を保持する為のパッキン交換も行います。安心して永くご愛用いただくために、3年に1度程度の分解掃除をおすすめします。

 

精度を維持するために

・落下等の衝撃にご注意ください。

・高温や低温の場所に置かないでください。(適温5℃〜35℃)

・汗や水にぬれたまま放置しないでください。

・磁気に気をつけてください。(強い磁気を受けると一時的な遅れ、進み、止まりが生じることがあります)

 

★電波時計★

電波時計とは

「標準電波」を受信して、自動的に時刻やカレンダーを表示する時計です。

「標準電波」とは、情報通信研究機構が管理する日本標準時の電波で、およそ10万年に誤差1秒という高精度の「セシウム原子時計」によって作られます。標準電波は1分間かけて、コード化した「分」「時」「日」「年」「曜日」「秒」の情報を連続送信しています。電波送信所は福島局と九州局の二ヶ所あり、それぞれ半径約1,000kmで日本全国をカバーしています。

 

電波時計の仕組み

時計に内蔵されているアンテナが標準電波を受信し、時刻情報データへ変換します。その時刻情報が時計のモーターに伝達して、時刻が修正されます。

 

自動受信の時間帯

標準電波は、ほぼ24時間常時発信されていますが、電波時計(腕時計)は一日中電波を受信していわけではありません。

一日に数回、電波状態が良くなる深夜に自動受信をする設定になっています。電波を受信していない時は通常のクォーツ時計(通常月差±15〜20秒)として動作します。

 

電波の上手な受信方法

標準電波は送信所からの距離や地形(ビル等も含む)、天候に影響されます。自動受信は深夜に行われますので、就寝前に時計を送信所の方向の窓際に置くのが理想です。

強制受信も、より受信しやすい場所を探して試してください。

 

電波が受信しにくい場所

【電波が遮断・妨害される場所】→鉄骨建物の中、ビルの密集地、網入りガラスや金属ブラインドの近く、窓から離れた所、地下、山の陰(谷間)

 

【ノイズに影響されやすい場所】→電化製品やOA機器の近く(TV・冷蔵庫・電子レンジ、パソコン、スピーカー等)、通信中の携帯電話の近く、乗り物の中、交通量の多い所、工事現場、天候が悪い日(雷・風雨等)

 

時計・宝飾/オバタ