人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2017年03月21日(火)掲載記事一覧

tweet

北見市の流出農地復旧事業

畑用土砂の重金属調査未実施
端野の畑に8千立方メートル
市が緊急の土壌調査へ

昨夏の大雨災害で被災した北見市内の流出農地復旧事業で、畑に入れた土砂の重金属調査が未実施だったことが分かった。土砂は常呂川河川敷の掘削土で端野一区の畑に土砂8千立方メートルを入れており、北見市は16日、「土の安全性が未確認だった」として対象となる畑の緊急土壌調査を行うことを決めた。
土砂の移動に伴う土壌汚染対策法に基づく土壌の重金属調査は9項目(水銀、ヒ素、シアン化合物、カドミウム、六価クロム、セレンなど)ある。農地に入れた土砂の調査は網走開建北見河川事務所が掘削前に汚染の恐れのある総水銀の1項目だけを行っていたが、そ…

連載 全日本リコーダーコンテスト出場団体紹介 (完)

置戸中リコーダー部
重奏部門で金賞、9回目の出場
納得のいく演奏で最高位・花村賞を
町議会の議場で演奏披露
いざ全国へ

置戸中学校リコーダー部が、全日本リコーダーコンテスト(26日、東京)に出場する。12日、置戸町議会定例会の休憩時間に議場で演奏を披露し、町職員や議員から激励を受けた。

 同部は全道コンテスト重奏部門でスイング調の「3つのブルー…

流氷塊 いざっ全国へ

網走沖で200トン採取
写真さんぽ
冬季観光をPR-。網走沖を漂う流氷が採取され、全国各地での観光キャンペーンなどでの出番に備えて市内の大型冷凍庫に保管されている。一部は天都山展望台・オホーツク流氷館に搬入された。

 採取された流氷は、網走沖を漂っていた約200…

道路も“分別”

国道238号一部区間が改良
写真さんぽ
網走市の三眺、二見ケ岡地区を通る国道238号で、一部区間が車2台並走できるほどの幅広に改良工事されている。2車線になったのか網走開建に尋ねたところ「事故が多いため、分離帯を新設した。故障車があった場合、後続車がすり抜けられるよう路肩を広くし…

公立高校が合格発表

合格者 喜びの声
網走桂陽高校 男子生徒
網走・第三中
合格できてうれしいです。

 中学時代は卓球部だったので、…

元気!浜っ子903

女子児童(3歳)
4月から網走市内の藤幼稚園に通う予定。制服、シューズバッグなど通園に必要な道具はほぼそろえた。

 同園には以前からプレ保育で通っており、先生とは仲良し。建物内もどこに何があるかわかっている。心配は給食が食べられるかどうかだけと…

もうすぐ任期終え 沖縄に帰ります

糸満市からの派遣職員・女性
寒い国、網走で感じた 人の温かさ忘れません
友好都市・沖縄県糸満市から網走市への派遣職員の女性が、もうすぐ任期を終え、故郷へ帰る。1年間にわたる網走での生活では雪像づくりや小学校での講演、生涯学習イベントに参加するなど、網走市民と交流を深めた。生まれ育った故郷を離れ、“北の友”での暮らしを通じ、「あたり前だと思っていた糸満の良さに気付かされました」と話す。
女性は昨年4月、8代目派遣職員として来網。網走市役所の市民活動係に勤務しながら、友好都市の文化などを体験してきた。今月29日に糸満市へ帰る予定だ。

 生まれ育った糸満市以外で生活をするのは初めての経験だった。不安はあったが、「…

あふれ出る情熱、創作意欲を形に

新進のアート作家として注目 男性(24)
印象的な画風に多くのファンが
人・ひと・240度

障がい者を支援するNPO法人「とむての森」の就労支援事業所に通う男性(24)は、新進のアート作家として注目を集めている。すでに数々の展示会に絵画を出品し、印象的な画風が多くのファンを魅了。原画に買い手が付くなど、作品が高く評価されている。<…

「安穏橋」橋名板“名付け親”の元へ

北見東陵中生徒会と3年女子生徒
喜び実感「北見に残るものをつくった!」
北見市の東陵運動公園北側の市道に新設される安穏(あんのん)橋の橋名板が完成し、橋の名前をつけた北見東陵中学校の生徒会と、橋名板の文字を書いた3年女子生徒の手元に届いた。「長く形に残すことができてうれしい」と生徒達は橋の完成を心待ちにしている。
この橋は小石川の改修事業に伴い、道が新設工事をしている。今年6月に完成する見込みだ。小石川はこれまで、ボックスカルバートというコンクリートのトンネルをくぐっていたが橋の完成後は橋の下を川が通る。

 市道を管理している北見市が昨…

連載 春そこまで (8)

彼岸の墓参り
北見で
春の彼岸に入り、北見市内の霊園や墓地に大勢の市民が墓参に訪れている。春の陽光が、墓前に手を合わせる市民の背中に温かさを届けている。

 市内2カ所にある市民霊園の今年の臨時開園は彼岸に合わせた17~23日。19日は墓参のピークと…

雪遊びって楽しいね!

北見・あいのない保育園
グラフ
元気いっぱい-。北見のあいのない保育園の園庭に、園児達が想像力を働かせて造ったかまくらや雪像が並んだ。

 体を動かしスコップで雪を集めて制作。長い耳のついたうさぎのバスやかまくらを、カラフルなアイスキャンドルで飾り付けた。

北見工業高校で特別授業と出前授業

AR・VR技術やハイブリッド車の仕組みなど学ぶ
北見工業高校で16日、外部講師による特別授業と出前授業が行われ、1、2年生が最新のIT技術やハイブリッド車、電気自動車に理解を深めた。

 情報技術基礎の特別授業は北海道情報専門学校から講師を迎え、1年生115人が受講。コンピュ…

北見藤女子高で講習会

「デコ巻きずし」うまく作れるかな?
北見市技能普及実行委が初開催
太巻き寿司の断面に絵柄が表れるデコ巻きずしの講座が13日、北見藤女子高校で開かれた。札幌から北海道フードマイスターで日本デコずし協会北海道支部代表の木村光江さんを迎え、生徒と職員23人が「ブサねこデコ巻きずし」の作り方を学んだ。

北見で「応援ひろば」開く

オホーツク子育て&若者応援ネットワーク
蓮舫氏「次の世代への支援が課題」
オホーツクで子育てする若者世代や女性にエールを送る「応援ひろば」が19日、北見市内のまちきた大通ビルで開かれた。切り紙のパフォーマンスや民進党の蓮舫代表とのフリートークなどに多くの市民らが訪れた。

 主催はオホーツク子育て&若…

「ふらっとギャラリー」

美幌博物館の収蔵作品紹介
「お部屋の中の物語」テーマに
町図書館で30日まで

美幌博物館の収蔵作品を紹介する「ふらっとギャラリー」が16日、美幌町図書館で始まった。
博物館は約2200点の美術品を収蔵している。ギャラリーは、町民が収蔵作品に親しむ機会として、学芸員が作品を選定して毎年開いている。

 テーマは「お部屋の中の物語」。日展会員で昨年、美幌を訪れた男性の油彩「黒いミシンのある静物」…

2人合わせて200歳のご長寿夫婦

端野・夫(103)妻(97)
端野デイサービスセンターの仲間との交流楽しみに
北見市端野の夫(103)、妻(97)は2人の年齢を合わせると“200歳”のご長寿さん。週2回、端野デイサービスセンターを訪れ、利用仲間との交流を楽しみにしており、利用者と職員は2人から元気をもらっている。
夫は大正3年、石川県金沢市生まれ。妻は同8年、遠軽町で生まれた。夫が29歳のとき、2人は結婚。昭和24年、夫が端野農協畜産技術員として勤務以来、端野に住んでいる。

 夫は「1日3食しっかり食べ、野菜や魚を多く取るようにしている…

常呂でおでかけ食事会

講演「もう騙されま宣言!」も
詐欺被害防止を学ぶ
北見市社会福祉協議会常呂支所のおでかけ食事会がこのほど、常呂いこいの家で行われた。お年寄り達は北見署員の「もう騙されま宣言!」の講演を聞き、特殊詐欺から身を守る方法を学んだ

 食事会は単身高齢者の交流と閉じこもり防止、健康維持…

大空町まちづくり宣言ロゴマーク決定

封筒や名刺、ホームページなどに掲載
町民の活用も呼びかけ
大空町は、町の誕生10年の節目に採択したまちづくり宣言「大空に人・花・心育むまち」のロゴマークを作成した。今後、封筒や名刺、ホームページなどに掲載するほか、町民の活用も呼びかけている。

 合併前の旧女満別町は「花と音楽のまち」…

Wi-Fi利用スタート

網走・道の駅「しらたき」で
網走開建は17日から無料公衆無線LAN「Wi-Fi」の運用を道の駅「しらたき」で開始した。防災や観光などの情報の入手を容易にする取り組みで管内の利用可能個所は14カ所となる。

 事業名は道の駅SPOT(スポット)。この事業は国…

置戸町内で交通死亡事故発生

事故死ゼロ5278日でストップ
置戸町で16日、交通死亡事故が発生し、町内の交通事故死ゼロが5278日でストップした。

 同日午後2時45分ころ、置戸町の国道242号(置戸トンネル内)で、普通乗用車と町のスクールバスが正面衝突し、乗用車の運転手が死亡した。<…

28年度の特別交付税交付決定額

管内84億6500万、北見市は22億2千万円
平成28年度の特別交付税の交付決定額が17日、公表された。オホーツク管内は総額で84億6500万円(10万円以下切り捨て)で前年度より2億400万円、2.4%の減額となった。

 主な市町の決定額は、北見市が22億2千万円、網走…

置戸町議会定例会が閉会

置戸町議会定例会は16日、会期を1日残して閉会した。町内で生まれ育った子どもに祝い金を贈る「18歳の春旅立ち応援事業」制度を創設する基金条例など議案14件を原案通り可決した。

 29年度一般会計予算は43億3800万円。防災行…

訓子府町議会定例会が閉会

訓子府町議会定例会は16日、29年度一般会計予算など議案13件を原案通り可決し、会期を2日残して閉会した。

 一般会計予算は48億5940万円。新たなスポーツセンター建設に向けての実施設計や現施設の解体工事費2億1192万円、…

疑問に答える講師を派遣

道財務局北見出張所
金融・財務・経済など勉強会に
道財務局北見出張所は金融・財務・経済などの勉強会講師を無料で派遣している。対象は地域やPTA、老人クラブの勉強会や職場研修などで普段の疑問に職員が答える。

 株や金融商品の基礎知識、管内経済情勢、金融犯罪に遭わない方法など。資…

8項目該当ならうつ病かも

網走市保健センターなど相談を
うつ病の早期発見に「チェック項目」を役立てて下さい。あくまでも目安ですが、8項目以上に該当した市民は、うつ病の疑いあり。市保健センター(TEL 0152-43-8450)や網走保健所(TEL 0152-41-0697)などで相談に応じていま…

月~金曜 健康相談

網走市保健センター
網走市保健センターは月~金曜の午前9時~午後4時、市民からの健康相談に応じている。相談無料。

 問い合わせは、同センター(TEL 0152-43-8450)へ。…

網走レークビュースキー場…

20日で今季終了
網走レークビュースキー場は、20日で今季営業を終了した。問い合わせは網走市教委スポーツ課(TEL 0152-43-3647)へ。…

26日・「ところ子どもまつり」

ジャンケン大会や縁日コーナーなど
常呂町多目的研修センターで
北見市の「ところ子どもまつり2017」が26日(日)午前10時~午後1時、常呂町多目的研修センターで開かれる。対象は幼児(保護者同伴)~高校生。参加無料。

 主催はところ子ども会育成連絡協議会と常呂教育事務所。景品の当たるジャ…

26日・オホーツク小麦フェスタ

映画鑑賞、講演、料理教室など
網走市内のエコーセンター2000で
網走市の主催する「オホーツク小麦フェスタ」が26日(日)午前10時~午後3時、同市内のエコーセンター2000で開かれる。入場は無料。地元高校生と大学生が考案した「オホーツクスイーツ」を先着100人に無料配布する。

 当日は映画…

float(-0.141141)