伝書鳩アーカイブズ

※各テーマの記事は最新のニュースから順に掲載しています。

テーマ:スポーツ

クロスカントリースキーバッジテスト

2022-01-26

スポーツ

検定員務める
石田 敏郎さん(66)
末吉 禎典さん(60)

2月11日・北見で初の検定会 多くの人にチャレンジを
冬にできる有酸素運動、生涯スポーツにも最適
東陵公園では指導員によるアドバイスも
人・ひと・240度

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見歩くスキーの会の末吉禎典さん(60)と石田敏郎さん(66)=写真左から=。2月11日に北見で初めて開かれる全日本スキー連盟公認のクロスカントリースキーバッジテスト検定会で検定員を務める。2人は「検定へ挑戦することも楽しみの一つととらえ、ぜひ多くの人にチャレンジしてもらいたい」と呼びかけている。

 クロカン歴は末吉さんが40年以上、石田さんが30年以上。昨年3月にそろって検定員資格を取得した。

 クロカンの魅力は「自然を感じながら全身を使う有酸素運動ができ、ストレス解消になること」と末吉さん。アキレス腱を痛め、体づくりを目的にクロカンを始めた石田さんは、自身の経験からも「足腰への負担が少なく、生涯スポーツにもってこいです」と話す。

 検定会は同会の井田正忠会長を含む3人が検定員を務める。末吉さんは普段から検定の目を鍛えながら指導にあたっていると話し「検定員として受験者の滑りを見て合否を判断するのは緊張しますが、不安はありません」と語る。

 市内では北見市モイワスポーツワールドと東陵公園陸上競技場にクロカンコースが開設されている。東陵公園では平日の午前中、ほぼ毎日指導員が顔を出しており、用具の無料貸し出しも行っている。石田さんは「最初に基礎を覚えるとラクに滑れるようになります。けがのリスクも少ないので家族で楽しむ人も多いですよ」と話し、初心者の気軽な体験を歓迎している。  (理)


女子カーリング「ロコ・ソラーレ」正式な北京冬季五輪日本代表に

2022-01-25

スポーツ・教育

応援の力で勝利を

2月4日開会式…北見市教委が寄せ書きを企画
北見カーリングホールなど4カ所に設置
エールを寄せた市民に缶バッジ配布

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北京冬季オリンピックの日本選手団が20日、日本オリンピック委員会(JOC)から発表され、女子カーリングのロコ・ソラーレも正式に日本代表となった。選手4人が北見市の住民で、北見市教育委員会は発表を受け、同チームを応援する寄せ書きを企画した(写真上)。日章旗を26日〜30日、市内4カ所に設置し、多くの市民にメッセージを綴ってもらい、熱い思いを送り届けたい構え。

 チームは昨年12月のオランダでの世界最終予選の後は、カナダで直前合宿を続けている。帰国せずそのまま北京に入る見込みだ。

 市民は直接会って応援できないが、およそ10日後に迫った開幕に向け、市教委は「機運を高めたい」と寄せ書きを集めることにした。

 「笑顔で勝利を!」「GO!Fight!」と記した日章旗をアルゴグラフィックス北見カーリングホール、市端野町公民館、アドヴィックス常呂カーリングホール、市留辺蘂町公民館の4カ所に設置。エールを寄せた市民にカーリングシティ北見の缶バッジを配布する(写真下=数に限りあり)。

 そのほか同市教委は、市民メッセージを動画配信サイトで送る準備を進め、側面からの支援に努めている。

 女子カーリングは予選リーグが2月9日から始まる。  (寒)

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

石田正子選手北京五輪内定

2022-01-21

スポーツ

美幌町出身クロスカントリースキー選手

5大会連続の出場に

石田正子選手 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
石田正子選手

 美幌町出身のクロスカントリースキー選手、石田正子選手(41)=JR北海道=が、北京冬季五輪の日本代表に内定した。5大会連続の出場になる。

 全日本スキー連盟が19日、日本代表内定選手として発表した。

 五輪出場は2006年トリノ、10年バンクーバー、14年ソチ、18年平昌に続き5大会連続。バンクーバーでは、30㌔クラシカル・マススタートで5位に入賞した。

 地元・美幌ではすでに後援会が設立。石田選手は25日、役場を訪問する予定で、後援会が支援金20万円を贈呈する運びになっている。

 平野浩司町長は「5大会連続出場は大変名誉なことで、町民の誇り。練習で鍛え上げられた力を存分に発揮してほしい」とコメントした。(浩)


雪中パークゴルフ場開設

2022-01-18

スポーツ

今年も有志が

 冬場の運動不足解消にと、今年も北見市東三輪河川敷の雪中パークゴルフ場がオープン。待ちかねたパークゴルフ愛好家達で連日賑わっている。

北見の東三輪河川敷
3月中旬まで開設予定
運動不足解消に役立てて

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 市内のパークゴルフ愛好者有志による河川敷雪中パークゴルフ同好会が、市の許可を得て西5号−6号間の河川敷(サンライフ北見駐車場裏)に毎年コースを造成している。

 今シーズンは、12月からコース作りを開始。まとまった雪が降るごとに役員10人ほどが河川敷に集まり、自動車で何度も雪を踏み固めるなどして土台を作り、2コース18ホールを整備している。

 千葉一男会長は「みなさんの協力で今年もコースが作れました。雪中パークゴルフはボールの転がり方が違い、ならではの面白さがあります。冬場の運動に役立ててもらえたら」と話している。

 利用時間は午前9時〜午後2時で、3月中旬まで開設予定。無料だが、コースの整備・維持のための協力を呼び掛けている。また、毎週日曜には誰でも参加できる大会を開催している。  (菊)

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

美幌から北京五輪へ熱い応援を

2022-01-18

スポーツ

町出身選手の後援会設立総会

一戸誠太郎選手が代表入り、石田正子選手の選出が確実視
観戦会を計画

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌町出身の北京冬季五輪出場選手を応援する後援会の設立総会が13日、トレーニングセンターで開かれた。

 スピードスケートの一戸誠太郎選手(25)=ANA=が代表入りを果たしたほか、クロスカントリースキーの石田正子選手(41)=JR北海道=の選出が確実視されている。

 後援会は美幌町スポーツ協会、美幌スケート協会、美幌スキー連盟の3団体に加え、教育委員会、両競技の少年団父母会、出身中学校、自治会などで組織。会長にはスポーツ協会の伊藤善啓会長が選ばれた。伊藤会長は「地元から熱い応援をしていきたい」と協力を求めた。

 事業計画では、選手への出場支援金として各20万円を支出。各選手2回ほどのパブリックビューイング(テレビ観戦会)を開く。

 新型コロナウイルスの世界的な情勢を踏まえ、応援団は派遣しない。寄せ書きを現地に届けられないため、応援動画の制作などを検討する。  (浩)


みんなの声

2022-01-17

社会

今年の目標

 新しい1年の始まりに、その年の抱負や目標を決める人も多いと思います。仕事や勉強、趣味、健康にまつわることなど、大きなものから小さなものまで読者の方に「今年の目標」を聞いてみました。

動かすチカラ

コップ一杯の牛乳を毎日飲む

 コロナ禍で牛乳の消費が減少し、生乳が廃棄の危機にあるというニュースを聞きました。カルシウム不足を痛感していますし、道民として酪農家さんを応援したい思いもありますので、今年は毎日、コップ一杯の牛乳を飲むことを目標にします。

 簡単なようで、習慣になるまで意識していないとついつい忘れてしまうこともあります。今までダイエットなどいろんなことを年頭の目標にして続かなかった私ですが、牛乳は続けたいと思います。

(北見市、70代・女性)


何かしら趣味をみつけたい

 先日「趣味は何ですか?」と聞かれ、はたと考えてみると、これはというものが見当たりません。ちょっと落ち込みました。

 映画観賞は好きですがそれほど頻繁に観るわけではありません。たまに読書はしますが本好きの人に比べたら全然です。ほとんどの皆さんは趣味をお持ちだと思います。いいなと、うらやましいです。

 長年、仕事に追われてきました。やりがいがあるので、それはそれでいいのですが、コロナ禍のなか、以前より自分の時間が増えてきて、趣味がないのはいけないな、と少し反省しています。

 とりあえず何でもいいので趣味をみつけるのが今年の目標です。

(北見市、50代・男性)


プライベートの充実を
転勤の良い思い出つくりたい

 昨年、転勤で初めて北海道勤務となりました。本州では雪の多い地域でも日中の気温はプラスになるので、一日中マイナスという北海道の冬は、寒さのレベルが違うと実感しています。

 昨年は仕事に慣れるだけで精一杯でしたので、今年はプライベートを充実させたいですね。もっと地域の人たちと交流できるように、スポーツ系のサークルに入るなど積極的に行動していきたいと思います。いつまで居られるか分かりませんが、良い思い出をつくりたいです。

(北見市、30代・男性)


毎日の筋トレを継続
朝のうち、軽く、コツコツ

 今年の目標は「筋トレの継続」。ふと思い立ち、昨年4月から筋トレを始めました。お気に入りのダイエット動画を見ながら15分ほど体を動かす、軽いトレーニングですが、毎日続けたことで、1回もできなかった腹筋が100回以上できるようになりました。

 筋トレは朝のうちにやる−と決めたほか、中学生の息子が「今日は筋トレしたの?」「まだなら今やりなよ」などと、監視役になってくれたおかげで運動習慣ができました。今年もサボらず、毎日コツコツ貯筋しようと思います。

(北見市、40代・女性)


人見知りを直したい
4月からの新生活を明るく

 あと3カ月で高校を卒業し、4月から新しい生活が始まります。自分は人と話すのがあまり得意ではないので、(環境が変わる)今年は、人見知りを直して、明るく過ごすことが目標です。

 父に憧れて、自動車整備士の勉強をするために進学します。父に、夢に近づけるように、力を入れて頑張ります。

(北見市、10代・男性)


北見地方剣道連盟「剣リンピック」

2022-01-13

スポーツ

心・技・体…競技も真剣勝負

コロナ禍で行事開けずも大会の代替試合開催
ユニークな3競技と団体戦も
グラフ

写真 (1) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (1)

 コロナ禍で今年度の主催行事がなかなか開けないなか、北見地方剣道連盟は12月26日、北見市立体育センターで剣道大会の代替試合を開催した。「より速く、より大きく、より正しく」をモットーに、名付けて「剣リンピック」に北見市内の小中学生54人が参加した。

 剣道少年団・部活動などの参加者を代表し、北見小泉中2年男子生徒が「オリンピアン精神にのっとり、勝利に執着して挑戦する」と選手宣誓(写真 (1))。同連盟が企画した3つのモットーに沿うオリジナル競技を繰り広げた。

 種目は、剣道特有の足運びの「すりすりリレー」( (2))、メーン、ドーと打ち込みながらより元気な発声を競う「気合合戦」( (3))などユニークなものばかり。なかでも“より正しく”を競う「着装競争」( (4))は垂れ、胴、面手ぬぐいなどを身に着ける速さと同時に正しく着装できているかをチェック( (5))。基本動作の積み重ねとともに冷静な精神力も求められ、少年団・剣心館の北見豊地小5年女子児童は「緊張したけれど、いつもと違う競技も面白い」と真剣に楽しんでいた。

 この大会は「なんとか子ども達に練習成果の発表の機会を」と同連盟役員らが初企画。つばぜり合い状態になったら即刻互いに離れるといったコロナ対策ルールを設け、開催実現した。団体戦の試合も行われ、久しぶりに観戦する保護者らは遠まきに、わが子の成長ぶりを静かにビデオに収めていた( (6))。   (寒)

写真 (2) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (2)
写真 (3) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (3)
写真 (4) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (4)
写真 (5) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (5)
写真 (6) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
写真 (6)

北見カップ小学生バレーボール大会優勝

2022-01-13

スポーツ

北見美山フレンズ 男女そろっては初

コツコツと練習重ね大きな成果
6年生はコロナに負けず有終の美

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 バレーボール少年団「北見美山フレンズ」が、第25回北見カップ小学生バレーボール大会で男女そろって優勝した。同団のアベック優勝は初めて。

 大会は予選を経て、昨年12月に北見と置戸で決勝ラウンドが開かれた。決勝には女子の部と混合の部が各8、男子の部が2チーム出場した。

 女子チームは今年度、管内大会の予選で初戦敗退を経験するなど、勝利から遠ざかっていた時期もあった。女子キャプテン(美山小6年)は「その悔しさをばねに、監督と指導者を信じてサーブやレシーブの技術アップを目指してきました」と振り返る。卒団を控えた6年生にとっては今大会が最後とあり、優勝は「言葉にならないくらい、うれしかったです」と喜びを語る。

 男子チームは出場数わずか2チームだったが、油断することなくレシーブの練習を重点的に行い、試合に挑んだ。男子キャプテン(美山小6年)は「楽しく試合ができました。コツコツ練習した成果が出せたと思います」と笑顔を見せる。

 伊藤学監督は「6年生は新型コロナウイルスの影響を2年にわたり受け、練習もままならなかった。その中でも諦めずに練習したことが有終の美につながった」と話している。     (理)


サンスピリッツ端野が跳び始め

2022-01-12

スポーツ

飛躍誓い、初跳び…

 北見市内のトランポリン少年団「サンスピリッツ端野」は7日、“跳び始め”に臨み、活動を開始した。

ケガなくと安全祈願も久しぶりの活動に笑顔

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 これを前に、活動拠点の協和農業者トレーニングセンターに端野神社の神職を迎え、今年1年間の安全を祈願。新年の恒例行事で団員の留辺蘂高1年、北見高栄小6年らはそれぞれ「今年の飛躍とともに早く新型コロナが収束し練習や大会が思うようにできることを願いました」と今年の抱負を語った。

 この後は幼児を含め全員でのびのびと初跳び。久しぶりの活動に笑顔が広がり、今年の活躍を誓っていた。(寒)

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

北見市弓道会が射初会

2022-01-12

スポーツ

会員21人が気持ち新たに

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市弓道会(高山節子会長)の射初会が8日、市武道館で行われた。会員21人が参加し、1年間の無病息災と上達を祈願して弓を引いた。

 新年の恒例行事。高山会長は年頭の挨拶で「ここ2年ほど、新型コロナウイルスの影響により大会や講習会を満足に開催できませんでしたが、今年も引き続き感染防止措置を講じ、健康に留意して目標に向かい修練、まい進していただきたいと思います」と述べた。

 年男の83歳男性は「武道としての高い指標を見つめ直し、基本を基礎から稽古していきたいと思います」と気持ちを新たにしていた。  (匡)


各種大会結果

2022-01-11

スポーツ

男子優勝の北見北光2年選手 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
男子優勝の北見北光2年選手

◆第50回オホーツク中学校スキー・アルペン競技大会結果
(5日、北見若松市民スキー場=オホーツク中学校体育連盟主催)

【男子】
◇大回転
  (1)北見北光2年
  (2)佐呂間3年
  (3)訓子府2年
  (4)大空東藻琴2年
  (5)湧別3年
  (6)北見小泉1年
◇回転
  (1)北見北光2年
  (2)滝上2年
  (3)訓子府2年
  (4)佐呂間3年
  (5)北見小泉2年
  (6)北見北光2年

【女子】
◇大回転
  (1)網走第二2年
  (2)大空東藻琴2年
  (3)紋別潮見2年
  (4)美幌北1年
  (5)湧別上湧別2年
  (6)紋別1年
◇回転
  (1)網走第二2年
  (2)紋別潮見2年
  (3)大空東藻琴2年
  (4)美幌北1年
  (5)湧別上湧別2年
  (6)紋別1年

 ※全道大会は13日から富良野市で開催予定。

女子優勝の網走第二2年選手 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
女子優勝の網走第二2年選手

道高文連放送コンテストCM部門で1位に

2022-01-10

教育・文化

北見緑陵高校放送局

 北海道高文連第44回放送コンテスト(新人戦)のCM部門で、北見緑陵高校放送局のビート(てんさい糖)をテーマにしたテレビCM「政見放送」が41作品中1位に選ばれた。オーディオメッセージ部門でも3位に入賞し、清水仁就(よしなり)局長(2年)は「入賞できて、すごくうれしいです」と喜んでいる。

てんさい糖の魅力紹介「政見放送」で
入賞できてすごくうれしい

 CM部門は北海道大会独自の種目で、参加生徒の投票で順位が決まる。今回は地域の素晴らしさをアピールする30秒のテレビCMがテーマで、優秀作品は2023(令和5)年に北海道で開かれるインターハイの開会式で上映される予定になっている。

 同局のCM「政見放送」は、米澤美乃里副局長(2年)をディレクターに、国産ビートは100%北海道産であることを知ってもらいたいと制作。清水局長が「北海道てんさい党」の「ビート佐藤」に扮し、“ビート”に乗ってラップでテンポよく魅力をアピールするCMに仕上げた。

 また、オーディオメッセージ部門で3位になった「ブラインドテニス〜音が教える世界」は、視覚障がい者のスポーツとして日本で考案された「ブラインドテニス」を題材に、北見ブラインドテニス普及の会を取材。「音が教えてくれる、互いを思いやり、支え合う気持ちを伝えたい」と米澤副局長がディレクターを務め、5分以内にまとめた。全国大会出場には届かなかったが、4年連続の入賞となった。

 清水局長は「自分達が作ったものをたくさんの方に聞いてもらい、感想をいただけてうれしいです。今は1年生が1人なので、新入生が入ってくれるように努力したい」と話していた。

 「政見放送」を含めた同局のCM作品は、同局のツイッターで見ることができる。 (菊)


網走市営スケート場“利用OK”

2022-01-07

スポーツ

天然氷を“職人技”で磨き

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 網走市営スケート場(大曲2丁目)の今季利用が可能になり、冬休み中のちびっ子らが氷の感触を楽しんでいる。無料で利用できる。貸しスケートもある。

 網走川河川敷そばの大曲公園に造成され、1周400㍍のコースなどがある。。川からの冷たい風が天然氷のリンクに最適で、気象状況によってはコース周辺の白樺並木などの樹氷風景も楽しめる。

 日々のリンク整備は、製氷機ではなく、人力。“職人技”により磨かれたリンクも魅力の一つ。

 利用時間は、月〜土曜日が午前9時〜午後8時、日曜・祝日は午前9時〜午後5時。

 問い合わせは同スケート場(0152・43・6979)へ。(大)


ジャパンオープン 全日本社会人選手権…

2022-01-06

スポーツ

トランポリンクラブKITAMIなど4選手

上位入賞の活躍
赤塚 洋人さんはマスターズ50歳以上の部で7連覇

 トランポリンクラブKITAMIの選手らが、さきごろ神奈川県川崎市で開かれた2020トランポリンジャパンオープン兼全日本社会人選手権大会で上位入賞した。

 同クラブの赤塚洋人さん(58)はマスターズ50歳以上の部で7連覇を達成。浅野心さん(20)は女子19〜29歳の部で5位、北見工大2年の中西智也さん(同)は男子19〜29歳の部で5位、津別トランポリンクラブの泉陽介さん(31)は男子30〜39歳の部で2位の成績を収めた。

 赤塚さんは、20代のころから世界選手権などで活躍し、その後も全国レベルの大会に出場。現在はクラブの監督として選手を指導する一方、現役活動を続けている。2カ月前に負傷したかかとの怪我を抱えながら臨んだ今大会について「なんとかすべての演技を通すことができて良かった。今の体調ではベストの演技ができた」と語る。

 社会人2年目の浅野さんは「決勝に進出できて嬉しいです。4位の選手とは僅差だったので少し悔しさもあります。これからも仕事と競技を両立させたい」と話している。(柏)


置戸の小・中学生がスポーツ能力測定会

2022-01-06

スポーツ

自分の身体能力を知り最適なスポーツ見つけよう

最新測定器でジャンプ力など身体の動きをデジタル化

リカバリーバランス測定 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
リカバリーバランス測定

 敏捷性や身体バランスなど運動能力を測定し、自分に合ったスポーツを見つけよう−と置戸町の小・中学生がこのほど、「スポーツ能力測定会」に挑戦した。

 置戸町スポーツ協会が主催。一般社団法人スポーツ能力発見協会が協力し、全国巡回している。道内では札幌、旭川に次いでの開催。

 ジャンプ力、反応ステップなど6種目の動きに挑戦。最新の測定器で身体の動きをデジタル化することで各自の長所や短所を明確にした。結果は一人ひとりの特徴として表され、良い所の伸ばし方や苦手の克服方法、その人に向いているスポーツも紹介される。

 付添の保護者とともに結果を聞き、ジャンプ力が苦手と結果の出た小学6年生の女子児童には、つま先立ちや1日10回ずつのジャンプ練習をアドバイス。引率した置戸ジュニアバレーボール少年団の佐藤浩監督は「得意、不得意が見える化され、個別のトレーニングに役立てられる良い取り組みですね」と感心していた。    (寒)

スイングスピード測定 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
スイングスピード測定
結果はすぐ出てアドバイスを受けられる == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
結果はすぐ出てアドバイスを受けられる

美幌出身・一戸誠太郎選手 北京五輪代表に選出

2022-01-05

スポーツ

スピードスケート

1500㍍と5000㍍、マススタートの3種目で

美幌のトークセッション(昨年7月) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
美幌のトークセッション(昨年7月)

 美幌町出身のスピードスケート選手、一戸誠太郎選手(25)=ANA=が、2月の北京冬季五輪スピードスケート男子の1500㍍と5000㍍、マススタートの代表に選ばれた。

 昨年12月29〜31日に長野県で開かれた日本代表選手選考競技会で、29日の男子5000㍍と、31日の男子1500㍍でともに優勝。1周400㍍のコースを16周する男子マススタートと合わせて代表に選ばれた。

 一戸選手は、美幌スピードスケート少年団の指導者を努める父・猛導さんの影響で、3歳頃からスピードスケートを始めた。美幌東陽小学校、美幌北中学校から山形中央高校を経て信州大学に進み、実力を磨いた。2018年の平昌五輪に続き2大会連続の出場になる。

 出場の快挙に、平野浩司町長は「町民の誇り。積み重ねた努力の成果を存分に発揮し、自分の力を信じて頑張ってほしい。活躍する有志を町民皆さんと応援したい」と話している。    (浩)


北見のミニバス少年団 男女そろって地区優勝

2022-01-04

スポーツ

小泉・端野(男子)と小泉(女子)

ともに全道優勝めざす

小泉・端野ミニバスケットボール少年団(男子) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
小泉・端野ミニバスケットボール少年団(男子)

 北見の小泉・端野ミニバスケットボール少年団(男子)と小泉ミニバスケットボール少年団(女子)が昨年、第39回北見地区ミニバスケットボール秋季交歓大会(第47回北海道ミニバスケットボール選手権予選会)でともに優勝し、14日から江別市などで開かれる、全道大会出場を決めた。両チームは男女そろっての全道優勝、全国大会出場をめざし、気合を入れている。

 男子は18チームが出場する中、小泉・端野は予選トーナメント、決勝リーグともに全勝で、同大会5連覇を達成した。

 キャプテン(小泉小6年)は「連覇のプレッシャーはありました」と振り返る。接戦となった決勝リーグでの北見南戦では、エースの活躍もあり、逆転で勝利を掴んだ。

 同チームは、全道大会2連覇の経験もある。キャプテンは「オフェンスとディフェンスの切り替えが(チームの)武器。再び、優勝旗を持って帰り、全国に行きたい」と目を輝かせる。

 15チームが出場した女子で小泉は、3連覇を達成した。ディフェンスを強化して挑んだという同大会。

 決勝リーグでは相手チームのディフェンスに苦戦する場面もあったが、練習で強化した速さを生かしたプレイで全勝優勝を果たした。

 キャプテン(小泉小6年)は「昨年、一昨年の全道大会は惜しいところで負けてしまったので、声を出し、コミュニケーションを強めて優勝をめざしたい。責任感を意識して挑みたい」と張り切っている。(菊)

小泉ミニバスケットボール少年団(女子) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
小泉ミニバスケットボール少年団(女子)

中橋 清美さんしのぶ「中橋杯」

2022-01-04

スポーツ

昨年急逝の津別町相撲協会前会長

 津別町内で40年間、子ども達に相撲を教え、昨年9月に75歳で急逝した津別町相撲協会前会長、中橋清美さんをしのぶ大会「中橋杯」が12月18日、中央公民館で開かれた。幼児や小学生が元気な取組を中橋さんにささげた。

幼児や小学生が元気に取組
ぼくたちの全力、見ていてください

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 主催はオホーツク相撲連盟。津別町相撲協会設立50周年記念大会として、白鵬杯北海道選考会も兼ねて開いた。

 中橋さんは生前、北海道相撲連盟の参与、津別町相撲協会とオホーツク相撲連盟の会長を務めた。津別町農協に就職した1970(昭和45)年、津別町相撲協会の事務局長に就任。自ら選手として活躍する一方、81年に津別町相撲少年団を結成し、子ども達を指導した。全国で初めて相撲の昇級試験を実施し、2002(平成14)年にコーチとして津別中学校を中体連全道大会団体優勝に導いた。40年間で大相撲にも数人を送り出した。

 取組前後に必ずおじぎをさせるなど礼儀を重んじた。近年は、技術的な指導はかつての教え子に任せ、孫やひ孫の年齢にあたる子ども達に「じいちゃん先生」の愛称で慕われた。

 中橋杯には22人が出場。少年団主将の津別小5年男子児童が「天国にいる中橋先生が笑ってくれるよう、正々堂々戦うことを誓う」と力強く宣誓した後、年代別に対戦。中橋さんに元気な姿を届けようと、どの選手も精いっぱいの取組を見せていた。(浩)

故・中橋清美さん == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
故・中橋清美さん

北見市が表彰受ける

2022-01-04

社会

スポーツ・健康まちづくり優良自治体表彰

 カーリングを活かした知名度向上と交流人口拡大に取り組む北見市が、スポーツを活用した特色あるまちづくりに積極的に取り組む自治体を応援するスポーツ庁の「スポーツ・健康まちづくり優良自治体表彰2021」を受けた。新たに設けられた表彰制度で、カーリングを活かしたまちづくりへの取り組みが評価され、関係者は喜び合っている。

カーリングを活かしたまちづくりを評価

 表彰制度が創出され第1回となる表彰式が昨年12月14日に東京で開かれ、全国の30自治体が表彰を受けた。このうち、道内で表彰を受けたのは北見市、東神楽町、増毛町、壮瞥町の4自治体。北見市は全国で唯一、室伏広治長官の現地訪問が決まった(日程は未定)。

 市は地方創生拠点整備交付金の対象事業として採択を受け2020年10月、市柏陽町に市として2カ所目となる通年型のカーリングホールを開設。地方創生の将来像として知名度向上と国内外からの合宿誘致等による交流人口拡大、関連産業への経済波及効果と雇用創出を掲げた。

 市によると、地元のカーリング協会や観光関連団体などの民間団体や北見工業大学と連携し、人材育成や利用拡大に努めたことも評価されたという。

 辻直孝市長は表彰を受け「今後とも地域資源であるカーリングを最大限に活用し、より一層、北見市の魅力向上に取り組んでまいります」とのコメントを発表した。  (匡)


北見豊地小でスケートリンク開き

2021-12-29

スポーツ・教育

児童が久しぶりの氷の感触楽しむ

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見豊地小学校(畠山淳校長)のスケートリンク開きが28日、同校グラウンドで行われた。冬休み中の児童達が参加し、久しぶりの氷の感触を味わった。

 豊地小スケート少年団父母の会が25日から3日かけ、深夜と早朝に水をまいてリンクを完成させた。

 この日、同会の井上豊和さんが「一生懸命作りました。いっぱい滑ってくれるとうれしいです」とあいさつ。児童会長(6年)は「感謝の気持ちを持ちながら大切に滑りましょう」と呼び掛けた。

 スケート靴の紐をしっかりと結び、リンクに上がった児童達。うれしそうに何周もする姿が見られた。

 6年女子児童は「まだなかなかうまく滑れませんが、(6年生で)最後の年なので楽しみたいです」と話していた。

 リンクは1月いっぱいまで、授業や少年団などで使用する予定。(菊)


美幌のスケート場がオープン

2021-12-29

スポーツ・教育

網走川河畔公園…子ども達が初滑り

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌町の網走川河畔公園大正橋スケート場が28日、オープンし、子ども達らが久しぶりの氷の感触を楽しんだ。

 スケート場は1周400㍍で、美幌スケート協会が12月中旬から造成。雪不足の中、年内のオープンにこぎつけた。

 初日はジュニアスピードスケート教室が開かれ、小学生約30人が滑りを楽しみながら上達を目指した。

 例年2月中旬まで利用できる。利用は無料で、時間は午前9時〜午後8時。(浩)


北見市スポーツ協会が協会表彰公表

2021-12-29

スポーツ

全道・全国大会で活躍した17個人、2団体に

 北見市スポーツ協会(旧・北見市体育協会)は、2021年度協会表彰を公表した。長年にわたる功労者や全道・全国大会で活躍した17個人、2団体を表彰。新型コロナウイルス感染予防のため表彰式は行わない。受賞者、受賞団体は次の通り(敬称略)。

※( )内は推薦団体など

【功労賞】
北見市野球連盟、北見市野球連盟、北見市野球連盟、故・黒田雅昭(北見サイクリング協会)、北見ライフル射撃協会

【優秀賞(団体)】
常呂ジュニア(北見カーリング協会)

【有功賞(同)】
北見工業高校男子弓道部(北見工業高校)

【有功賞(個人)】
北見市柔道協会、北見市柔道協会、北見緑陵高校・陸上、北見柏陽高校・陸上、北見柏陽高校・バトントワリング、北見市スキー連盟、北見市スキー連盟、北見ソフトテニス連盟、北見ソフトテニス連盟、北見卓球協会、北見トランポリン協会

【奨励賞(個人)】
北見卓球協会


年末年始の各機関ガイド その1

2021-12-28

社会

美幌町
※( )内は休みとなる期間

【町の施設】

▽役場、町民会館、図書館、子ども発達支援センター、幼児ことばの教室、消費生活相談窓口(31〜5日)
▽国保病院(31、1、3〜5日は急患のみ。2日は当番病院)
▽しゃきっとプラザ運動指導室・健康遊浴室、マナビティーセンター、サニーセンター、スポーツ・トレーニングセンター、あさひ体育センター、コミュニティセンター、児童センター、子育て支援センター、老人憩の家、常設老人クラブ(30〜5日)
▽博物館(30〜6日)
▽リリー山スキー場(31〜2日は午前9時〜午後5時営業)
▽グリーンビレッジ美幌(29〜5日)
▽林業館きてらす(31〜3日)
▽物産館ぽっぽ屋(30〜3日)
▽美幌峠レストハウス(31、2、3日は休み。1日は午前6〜8時に開館)
▽峠の湯びほろ(1日は休み。31日は午前10時〜午後5時、2、3日は午前10時〜午後8時に営業)

【ごみの収集など】

▽一般ごみ(市街地4日から、農村地区3日から収集)
▽その他プラ(3日から収集)
▽資源ごみ(1日収集地区を6日、2日収集地区を13日に変更)
▽登栄廃棄物処理場(1〜3日は休み。31日は午後3時まで受け入れ)
▽し尿くみ取り(29〜16日)


真冬の強行遠足

2021-12-27

スポーツ・教育

北見緑陵高校野球部恒例

 80.1㌔を走破し今年の部活を締めくくる、北見緑陵高校野球部恒例の「真冬の強行遠足」が18日、北見市内で行われた。今季一番の寒さと積雪に阻まれるなか、部員15人がゴールをめざした。

体力、気力の限界へ…80.1㌔を走破

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 毎年なぜかこの日になると、悪天候に見舞われる。13回目の今年は、前日から降り出した雪が北見で6㌢に。日平均気温はマイナス8.5度と一日中冷凍室にいるような試練が部員達に与えられた。

 未明の午前3時半に部室前を出発。除雪されていない歩道に足を取られ、普段の倍以上の体力消耗。折り返しの温根湯地区に向かう直線路(写真)は正面からまともな西風を受け、大型車がすれ違うと雪煙で顔が雪まみれに。気温は夕方にかけてどんどん下がり、体力と気力の限界を試される一日になった。

 選手達は「監督や保護者が要所要所で見守ってくれて感謝しながら走った。これが達成できたら、何にも負けない気持ちになれるはず」と目標をめざし前を向いた。  (寒)