伝書鳩アーカイブズ

※各テーマの記事は最新のニュースから順に掲載しています。

テーマ:春

深川氏後援会が事務所開き

2024-05-17

社会

置戸町長選・また4年間、舵を取っていきたい

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 任期満了に伴う置戸町長選に向けて、現職・深川正美氏(60)の後援会(神宮龍太郎会長)は11日、町内で事務所開きを行い、21日の告示へ態勢を整えた。

 2期目をめざす深川氏は、2月の後援会新春の集いで再選出馬の決意を表明している。

 駆けつけた支持者ら約70人を前に、深川氏は「この4年間は先のことを考えるより対応力を大事にしてきた。次の4年間は決断力と実行力で前へと進める。再び舵を取っていきたい」と意欲を述べ、支持を訴えた。

 町内では他に擁立の動きはなく、無投票となる公算が強い。

 神宮後援会長は「何があっても対処できるよう準備していく」と気を引き締めた。(寒)


常呂川河川敷をきれいに

2024-05-17

社会

北見の4ライオンズクラブが合同清掃

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市内の北見、北見中央、北見白樺、端野の4ライオンズクラブ合同による清掃活動が10日、市内の常呂川河川敷で行われた。

 朝日町の香りゃんせ公園で開会式が行われ、4クラブ合わせて50人ほどが参加。続いて同公園や春光町河川敷など各クラブごとに4カ所に分かれて活動を実施。落ちている紙くずやペットボトル、空き缶、ビニール袋などを丁寧に拾い集めた。

 網走開発建設部北見河川事務所によると、30㍑のごみ袋で35袋分のごみを回収した。(柏)


北見の女性2人がデュオコンサート

2024-05-17

話題

フルートとクラリネット

北見芸文ホールで

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 第164回きた・アート21プラザロビーコンサートが11日、北見芸術文化ホールロビーで開かれた。北見在住の志賀ななみさん(26)のフルートと日笠春奈さん(29)のクラリネットによるデュオコンサートが行われ、市民ら80人が生演奏に聞き入った。

 音楽講師の志賀さんと主婦の日笠さんは大学時代の先輩後輩で、地元が同じ縁から初めてデュオコンサートを企画した。

 この日は「千本桜」「となりのトトロメドレー」などのポップス計6曲を演奏。フルートとクラリネットの美しい掛け合いだけでなく、それぞれソロ演奏も披露した。

 演奏を終えた2人は「夏以降にも2人で音楽活動の機会をつくれたら」と話した。(理)


各種大会結果

2024-05-10

スポーツ

◆第26回北見地区中学校バスケットボール春季大会結果

(4月27~29日、網走市総合体育館など)

【男子】①北見南②北見小泉③美幌北④北見北

【女子】①美幌北②北見南③北見小泉④置戸


シリエトク 大地の突端を訪ねて

2024-05-10

話題

~春の知床岳から~

知床岳山頂から連山方向。大きく見えているのは硫黄山です == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
知床岳山頂から連山方向。大きく見えているのは硫黄山です

 4月上旬、斜里町と根室管内羅臼町にまたがる知床岳(標高1254㍍)を訪ねました。シリエトク(大地の突端)に近い場所から見ることができた知床岬、知床半島に連なる山々、そして国後島の山々を紹介します。

QRコードを読み込むと動画が見られます(5/14迄) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
QRコードを読み込むと動画が見られます(5/14迄)
知床岬の方向 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
知床岬の方向
国後島がとても近く見えます。右は島の最高峰・爺爺岳(ちゃちゃだけ、標高1772㍍) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
国後島がとても近く見えます。右は島の最高峰・爺爺岳(ちゃちゃだけ、標高1772㍍)
山頂直下は広い雪原になっていて、青空の下を心地よく歩けました == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
山頂直下は広い雪原になっていて、青空の下を心地よく歩けました
道中には急な登りも。慎重に歩みを進めます == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
道中には急な登りも。慎重に歩みを進めます
 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

北見「初めてさんの日」

2024-05-08

社会・教育

気軽な参加を

中央、小泉、端野の各子育て相談センターが交代で

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市の中央、小泉、端野の各子育て相談センターは、センターを初めて利用する親子などを対象にした「初めてさんの日」を毎月交代で開いている。5月は小泉同センター(小泉保育園併設)を会場に15日(水)午後2時から開かれる。春は転居などで市内で新たに子育てをスタートさせる人も多いことから、気軽な参加を呼びかけている。

 初めて来館する際の緊張感を和らげ、利用のきっかけづくりになればと、昨年5月からスタートし、今年3月までに60組125人が参加した。対象はセンターに初めて来る人だけでなく、まだ2、3回ほどしか利用したことがない人や第2子以降の産後に初めて来館する人も歓迎している。子ども連れの外出に不慣れだったり、施設の雰囲気が分からず、利用にハードルを感じている人の来館きっかけにもなっているという。

 4月に中央同センターで開かれた今年度最初の「初めてさんの日」には、生後3カ月~1歳4カ月の子と親11組が参加した。「子育て相談会」などのセンター行事やプログラムの説明をした後、リズムや歌に合わせて子どもとスキンシップが楽しめるふれあい遊びや簡単な工作を行い、のんびりとした時間を過ごしていた(写真)。

 生後4カ月の長男と初めてセンターを訪れた宮本さんは「自分と同じ初めての人が集まる日があることで、参加しやすかったです。ほかの参加者ともおしゃべりができて良かった」と話していた。

次回は15日午後2時から小泉で

 申し込み不要。参加希望者は当日直接センターへ。次回はプラバン作りなど行う。行事の内容についての問い合わせは、小泉同センター(0157-26-7867)へ。(理)


美幌産アスパラのおいしさ知って

2024-05-08

社会

町農協が給食用に40㌔寄贈

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 美幌町農業協同組合がこのほど、美幌町教育委員会に美幌産グリーンアスパラ40㌔を贈った。アスパラはサラダとして、小中学校の学校給食で約1200食が提供された。

 美幌産アスパラのおいしさを知ってもらいたいと、食育の一環で2015(平成27)年から毎年贈っている。今年は温室で栽培された2Lサイズを届けた。

 田中吉孝専務が役場庁舎を訪れ「春芽のおいしいアスパラです。美幌にはおいしい野菜がたくさんあることを知ってもらえたら」と矢萩浩教育長にアスパラを手渡した。(浩)


春の火災予防運動期間中の発生4件

2024-05-08

社会

北見地区消防組合

 北見地区消防組合(北見市、置戸町、訓子府町)は、2024年春の火災予防運動期間(4月20~30日)の火災発生状況をまとめた。

 期間中の火災発生は4件で前年と同数。内訳は建物火災が2件、野火が2件。負傷者は2人、死者はゼロ人となった。

 建物火災は北見市北見自治区の共同住宅と工場でぼやが各1件発生。それぞれ負傷者が出た。このほか常呂自治区で道路法面が焼ける火災、訓子府町で野火が発生した。

 期間中、同組合は一日消防署長の委嘱や研修会、各種啓発活動などを実施し、住民に火の用心を呼びかけた。(柏)


爽やかな白い小花ニリンソウ

2024-05-07

話題

北見のとん田公園で咲く

四季〝いろ撮る〟

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 白の小花が対になって咲く春の山野草「ニリンソウ」(二輪草)が、北見市内のとん田公園でひっそりと咲き始め、日ごとに花数が増えている。

 キンポウゲ科の多年草で高さ15~30㌢。平地や丘陵地の明るい林内に群生する。名前の通り、1本の茎から寄り添うように2輪の花を咲かせる。

 公園内では勢いを増す草木の緑をバックに、ニリンソウの白い花が輝くように咲き、この時季らしい爽やかな光景を生み出している。公園内にある勤労青少年ホームを利用する人も「今年も咲き始めましたね」と足を止めて花を楽しみ、季節を感じていた。

 見ごろは例年5月中旬ごろ。(理)


消防のしごとを体験

2024-05-07

行事

美幌でジュニア消防フェスティバル

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 ジュニア消防フェスティバルが4月29日、美幌消防庁舎で開かれ、子どもたちが放水体験などを通じ消防の仕事を身近に感じた。

 春の火災予防運動の一環として毎年開催。放水体験では、子どもたちが防火衣を着てホースを握り、消防士気分を味わった。

 高所活動車搭乗体験では、作業台に乗って地上15㍍の高さまで上昇。手を振って眺めを楽しんだ。

 煙体験、水消火器体験などのコーナーもあり、多くの子どもたちが参加。消防車、救急車も展示され、運転席に座って記念撮影を楽しんだ。(浩)


百花繚乱「北見フラワーパラダイス」開園

2024-05-02

話題

開園初日は桜が満開

モクレンも間もなく見ごろに

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 春から秋にかけてさまざまな花が楽しめる、北見市若松の「北見フラワーパラダイス」が今年も開園した。4月29日の開園初日に合わせるかのように桜が満開を迎え、多くの人でにぎわいを見せた。

 広大な敷地に約85種、3万本の花木が並んでおり、徒歩のほか車でも周回できる。桜はエゾヤマザクラを中心に400本以上植えられ、

ピンク色に染まる園内の景色はまさに春らんまん。各展望台では写真撮影などを楽しむ人の姿が多く見られた。

 現在はモクレンのつぼみが開き出し、間もなく見ごろに。5月後半にかけてはヤマツツジやレンゲツツジなども楽しめそう。

 入園無料。5月の開園時間は午前9時~午後5時(入園は午後4時45分まで)。開花状況の問い合わせは管理事務所(0157-61-3251)へ。(理)


春のカルチャーフェスタ

2024-05-02

行事

初の成果発表会・作品展示会

コープさっぽろきたみ春光文化教室
受講生の活動成果発表の場を
端野石倉交流センターで21講座の約125人が参加

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 コープさっぽろきたみ春光文化教室(北見市春光町)で活動する受講生の成果発表会・作品展示会が4月14日、北見市端野石倉交流センターで開かれた。

 活動を広く披露することでモチベーションアップにつなげようと「春のカルチャーフェスタ」と題して初めて開催。延べ21講座の約125人が企画・参加した。

 ユニークな「困った時のあみもの教室」、創造性豊かな「子どもの花塾」など成果作品が会場を囲むなか、ステージでは歌やオカリナ演奏、元気なダンスが次々と披露され、来場者から盛んな拍手が送られた。文化教室の問い合わせは(0157-69-8511)へ。(寒)

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

北見地区消防組合の一日消防署長に就任

2024-04-29

社会

北見在住の漫画家・田川 とまたさん

職員の服装点検や訓練の視察
商業施設で街頭啓発も

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見地区消防組合消防本部は「春の火災予防運動」(4月20~30日)の一環で26日、北見市在住の漫画家、田川とまたさん(31)を一日消防署長に委嘱した。

 消防の制服に身を包んだ田川さんは、整列する職員の服装や姿勢などを点検(写真)。「市民を守る使命感で仕事をする皆さんと同じ気持ちで、私も社会に貢献できることを考えながら仕事に向き合いたい」と挨拶した。

 続いて庁舎内を巡回し、消防隊の救助訓練を視察。イオン北見店に移動し、買い物客らに啓発資材を手渡し、火の用心を呼びかけた。

 田川さんは外出前には火の元をはじめ家を隅々まで点検するそうで「住民の皆さんにも確認の徹底をお願いしたい」と話していた。(柏)


春告げ鳥さえずる

2024-04-29

話題

北見の香りゃんせ公園でヒバリ

四季〝いろ撮る〟

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市内の香りゃんせ公園で、春告げ鳥とも呼ばれる「ヒバリ」のさえずりが、あちこちから聞こえてくる。

 全長17㌢ほどで、北海道には夏鳥として飛来する。丈の低い草地を好み、河川敷などの開けた原っぱなどでよく見られる。

 繁殖初期には鳴きながら空高く舞い上がる様子が知られているが、つがいで行動するペアも多くなるこの時期、草の上や地上で盛んに縄張りを宣言する雄のヒバリもよく見る。

 鳴き方は個体差が大きく、1羽ごとに独自のパターンでさえずるそう。景色に少しずつ彩りが増える中、ヒバリは小さな体でほがらかな歌声を響かせ、春の到来を告げている。(理)

QRコードを読み込むと動画が見られます(5/3迄) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
QRコードを読み込むと動画が見られます(5/3迄)

ミズバショウ色づく…網走湖畔で

2024-04-26

話題

清楚にたたずむ

今が見ごろ
春の訪れ告げる
大型連休中にピーク?

群生地で色づくミズバショウ(4月16日撮影) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
群生地で色づくミズバショウ(4月16日撮影)

 網走に春の訪れを告げるミズバショウが色づき始めた。網走湖畔そばの群生地では、清楚にたたずむ姿が市民の目を和ませている。

 群生地のミズバショウは今が見ごろ。春の大型連休中にピークを迎えそうだ。 (大)

QRコードを読み込むと動画が見られます(4/30迄) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
QRコードを読み込むと動画が見られます(4/30迄)

北見で「緑の募金」街頭キャンペーン

2024-04-24

社会

緑と花の市民の会など8団体が呼びかけ

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 地域の森林整備などに役立てる2024年度「緑の募金」の街頭キャンペーンが22日、北見市中心商店街で行われた。

 募金活動は北海道森と緑の会が主催。北見では緑と花の市民の会(渡部徳章会長)が中心となり、春の募金運動期間(4月15日~5月31日)に合わせて、街頭キャンペーンを実施。この日は、常呂川森林ふれあい推進センターなど8団体、約60人が参加した。

 北見駅前の環境広場での出発式では、渡部会長が「自然災害が増えていることも踏まえ、たくさんの方に募金に協力してもらえれば」と挨拶。参加者はまちきた大通ビル前など15カ所に分かれて街頭に立ち、協力を呼びかけた。(理)


屋外火災多発!火の取扱いに注意

2024-04-22

社会

北見市内で野火、林野火災発生

4~6月に集中して発生
強風時はあぜ焼きなど中止を

開成の畑で発生した野火 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
開成の畑で発生した野火

 雪解けとともに枯れ草の乾燥が進み、野火など屋外火災が起きやすい時期を迎えた。北見市内では14、15日にごみ焼きなどに起因する野火、18日には大規模な林野火災が相次ぎ発生しており、北見地区消防組合消防本部は、屋外での火の取り扱いに注意を呼びかけている。

 昨年、同組合管内(北見市、置戸町、訓子府町)では6件の野火が発生。野火は例年、4~6月に集中するのが特徴で、ごみ焼きや畑のあぜ焼きが風にあおられて延焼するケースが多い。

 14日は広郷の畑で枯れ草約600平方㍍が焼ける野火が発生。15日は開成の畑で枯れ草約690平方㍍が燃えた。18日は若松でごみ焼きから周囲の草地に燃え移り5400平方㍍にわたり燃え広がった。いずれも消防隊が消し止め、人や建物の損害はなかった。

 同本部はごみ焼き、あぜ焼きなどを行う場合はその場を離れず、強風や空気が乾燥している日は中止するよう求めている。

 20日から30日までの「春の火災予防運動」期間中も野火をはじめ住宅火災や放火火災などへの注意を呼びかける。(柏)


北見市小公園のキタコブシ開花

2024-04-22

話題

賑やかに〝春告げ木〟

例年より少し早く

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 陽気に誘われ、北見市中心部の小公園にあるキタコブシがどっと咲きだした。駆け足で春の訪れを告げている。

 今年初めて「夏日」を観測するなどこのところの暖かさにつられ、〝南向き陽当たり良好〟の立地にある1本がすぐさま反応した。園内に様々な種類の樹木が植栽される中でも、真っ先に花を広げるキタコブシは公園の〝春告げ木〟となっている。

 大型連休スタートの頃に開花することが多いが、少し早く「春が来ましたよ」と賑やかに告げている。(寒)

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

汚泥処理の消化ガス売却事業開始

2024-04-22

社会

北見市浄化センター

 北見市浄化センター(市春光町)の汚泥処理過程で発生した消化ガス(バイオガス)を発電事業者に売却する事業が4月にスタートした。市として年間約2千万円の売却益が見込めるほか、市が掲げる脱炭素化の推進にもつながる取り組み。

年間約100万立方㍍ 約2千万円の収益見込む

センター敷地内に設置された発電施設 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
センター敷地内に設置された発電施設

 同センターではこれまで、汚泥処理の際に消化タンク内で発生するガス(メタンガスなど)を自家発電による管理棟の給湯や暖房、タンクの加温に利用していた。

 発電用のマイクロガスタービンが更新時期を迎えたことから、市は民間発電事業者へのガス売却を検討。2019年、発電事業を営む月島JFEアクアソリューション(東京都)と事業の基本協定を締結。国の送電線利用ルールの変更が追い風となり22年、ガス売買契約にこぎつけた。

 同センターでは年間約170万立方㍍の消化ガスが発生。このうち、タンクの加温分を除く約100万立方㍍を売却する。売却単価は1立方㍍20円で、年間約2千万円の収益を見込む。益金は施設の維持管理などに役立てる予定という。

発電事業者が買い受け、センター敷地内で発電
市の「ゼロカーボンシティ」推進にも寄与

 同社は、センター敷地内の一角を有償で借り受け、発電設備を設置。運営も同社が行う「民設民営」方式となる。ガスエンジン2基を稼働させ、最大1千世帯分の電力を供給する(市の試算)。国のFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)を活用して北海道電力に売電する。

 市は2050年までに二酸化炭素排出量の実質ゼロを目指す「ゼロカーボンシティ」を宣言しており、市上下水道局は「ゼロカーボンの取り組みに寄与する取り組みになると思う」としている。(柏)

発電状況を表示するモニター == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
発電状況を表示するモニター

連載 網走初の特認校 ㊦

2024-04-19

社会・教育

呼人小中学校の挑戦

 2025年度から小規模特認校制度の導入が決まった、網走市立呼人小中学校(神田秀樹校長・児童3人、生徒15人)。背景には児童・生徒数の急減がある。少子化は同校だけに限らず全市的な兆候で今後、減少ペースは加速する。同制度は、通学区に関係なく市内のどこからでも就学できることが特徴だ。地域間での〝児童の奪い合い〟を懸念する声もあるが、同校は「入学希望者の定員は現時点で各学年10人程度を想定している」としている。(大)

進む少子化 3年後の全校生は10人割り込む?

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

■少ない子ども

 同校のまとめた、2028年度までの児童・生徒数の推移・推計値によると(※呼人在住の未就学児童がすべて就学し、現在在籍する児童生徒が継続して就学した場合)、2023年度の全生徒数は27人。24年度は18人、その後は10人台で推移するが、27年度は8人となり、初めて10人台を割込むことが予測されている。

 今春、市内すべての小学校(9校)の新1年生は計206人(4月10日時点)。学校別では、潮見小の65人が最も多く、次いで網走小44人、南小37人、中央小23人、西小16人などとなっている。

 9小学校の中で、新1年生がゼロだったのは呼人小学校のみ。同校の推計値では、27年度の新1年生もゼロとなっており、子どもの減少ペースは他地域より進んでいる傾向にある。

■定員「各学年10人程度」を想定

 同校の小規模特認校の導入については、児童生徒の減少に伴って学校の存続を危ぶむPTAからの要望が背景にある。教員数も児童生徒の人数・学級に応じて定数が決められており、神田校長は「教員数が減ることは教育の質の低下にもつながりかねない」と懸念する。

 呼人小中学校が小規模特認校制度の導入が決まったことを受け、市民の一部には自身が住む地域から子ども達が流出してしまうことを懸念する声もある。

 神田校長は「小規模校としての魅力を維持していくためにも、特認校に認定後は、各学年の定員を10人程度としたい」との考えを示す。

 もし、入学希望者が定員を超えた場合はどうなるのか?

 札幌市教委は、特認校への入学希望者が定員を超えた場合のルールとして、「公開抽選とします。ただし、兄弟姉妹関係を考慮して決定します」(同市教委作成の「特認校のしおり」より)としている。

 他地域から通学する場合、学校までの送迎も課題の一つだ。

 現状では、保護者らによる車での送迎が中心になることが予想される。市は今後、制度のスムーズな導入に向けて多角的な視点での検討を進めるとしている。

 同校は随時、学校見学を受け付ける考え。神田校長は「本校の魅力を知ってもらうためにも、まずは連絡をいただきたい」と話している。


成虫で越冬したチョウ飛び始める

2024-04-18

話題

北見の中ノ島公園周辺で

四季〝いろ撮る〟

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市内の中ノ島公園へと向かう川沿いの道で、クジャクチョウがフキノトウの蜜(みつ)を吸っていた。この時期、前年の秋に羽化して成虫のまま冬を越したタテハチョウの仲間があちこちで飛び交っている。

 北見地方では例年、地温が高くなる3月下旬ごろから越冬したチョウが姿を見せる。クジャクチョウのほか、コヒオドシやエルタテハ、シータテハなどが日当たりのよい場所で羽を広げて日光浴をしたり、吸蜜するなどして繁殖活動に備えている。

 春に羽化したチョウとは違って羽が破れたりしている個体が多いが、それもまた冬の苦労を乗り越えた証―。日中の最高気温が7月下旬並みの25・3度まで上がった15日には、春の到来を全力で喜んでいるかのようにチョウが飛んでいた。(理)


「デゴイチ」など蒸気機関車姿現す

2024-04-18

社会・話題

北見のSL広場と三治公園で冬期の保護シート外し

夏休み期間中には運転台の公開も

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 北見市栄町のSL広場と南仲町の三治(みはる)公園に展示されている蒸気機関車の保護シートが16日に取り外され、「デゴイチ」の愛称で親しまれたD51形式蒸気機関車などが春のお目覚め。黒々とした勇壮な姿を現した。

 SL広場にはD51形式とC58形式の蒸気機関車、入換動車、三治公園にはD50形式蒸気機関車が展示され、いずれも市教委文化財課が管理している。

 3両のSLは大正から昭和初期にかけて製造され、昭和50年ころまで北見地方をはじめ道内各地の路線で乗客や貨物を運んだ。

 この日は委託を受けた北見市シルバー人材センターの会員10人ほどが作業。手分けして慎重にシートを外した。市教委は子ども達の夏休み期間中、運転台の公開を予定している。(柏)

QRコードを読み込むと動画が見られます(4/22迄) == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
QRコードを読み込むと動画が見られます(4/22迄)

北見のパラボで「春の全国うまいもの会」

2024-04-18

社会

各地の逸品が集結…22日まで

情報PickUP

 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==

 全国各地の選りすぐりの味覚を集めた「春の全国うまいもの会」が17日、北見市内のまちきた大通ビル(パラボ)5階で始まった。

 昨年より1店増え45店が軒を連ね、このうち17店が実演販売。威勢の良い声が飛び交い、祭りの縁日のような賑わいをみせている。

 初出店は、鮮度が自慢の高知県・嶋崎海産の「かつおタタキ」、見た目の美しさも美味な東京都・銀座福つちの「天然本鮪中トロづくし」など4店。

 来場者はおいしい匂いにつられ、販売員とのやりとりを楽しみながら、ふだんは手にできない、この場限りの逸品を買い求めていた。営業は午前10時~午後6時半、最終日の22日は午後5時まで。(寒)


カタクリ咲く…置戸神社境内で1週間以上早く

2024-04-18

話題

エゾエンゴサクと春色の競演

置戸神社撮影 == 株式会社伝書鳩|経済の伝書鳩|北見・網走・オホーツクのフリーペーパー ==
置戸神社撮影

 「カタクリの花が咲き始めました」と置戸町の置戸神社から16日、春の便りが届いた。昨年ほどではないが、例年より1週間ほど早い開花だそう。

 一角ではエゾエンゴサクも咲きだし、淡いピンクと水色の競演が「春らしくて爽やか」と参拝者の声。同神社の藤川伸生宮司は「これからが見頃。天候にもよりますが1~2週間は見られそうです」。

 群生地に踏み入らないよう、マナーを守った観賞を呼び掛けている。(寒)