人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

フォトぽっぽ

フォトぽっぽ

フォトぽっぽ

「フォトぽっぽ」は経済の伝書鳩の読者投稿による写真企画です。
風景、動物や植物、スナップなど…みんなに見てもらいたいお気に入りの1枚を紹介していきます。
  • 作品名『フェンスの間で育ったひねくれカボチャ』  北見市・とん田トン子   フェンスの間に挟まっている「ひねくれカボチャ」を北見市とん田児童センターの菜園で見つけました。トマトやキュウリ、キャベツなども育てていますが、フェンスに挟まっているのはカボチャだけ。どうやって収穫しようか考え中です。
  • 作品名『待ち遠しいサケ釣り』  北見市・男性   1年のほとんどを釣りをして過ごしています。冬はワカサギやチカ、春はカレイ、アメマス、サクラマス。7月からはヤマベ釣り、ぼちぼちとカラフトマスの便りも届いています。竿をしまうのは2カ月ほどでしょうか(笑)。 でも何と言ってもメインは秋のサケ釣り。とても待ち遠しく、昨シーズンの写真を見ながら楽しみにしています。
  • 作品名『つるバラ見事に咲きました』  北見市・女性   10年ほど前に母の日にもらったつるバラ。数年前までは小さかったバラも、今年は南向きの壁に沿って見事に咲きました。緑色の壁に映え、通行する人達の目を引いています。
  • 作品名『庭のバラが咲きました』  北見市・ヤマアジサイ   庭仕事の合間、玄関前に置いている椅子に座ってのんびりしていると、どこからか、お寺の鐘の音が…。鐘の音が耳に入ってくると、自然にまぶたが閉じ、聴き入って、ざわめいていた心が清々しくなりました。
  • 作品名『タンチョウ、西へ』  北見市・男性   6月3日、仕事先に向かう途中の北見市東相内町の農地にタンチョウ2羽がいました。アオサギだと思っていたので、びっくりしました。やがて西の方角へと飛び立って行きました。
  • 作品名『ネムの木に花』  北見市・男性   家で10年以上も育てているネムの木の花が、今年はたくさん咲きました。
  • 作品名『仲良し4匹ではいチーズ!』  北見市・あき   散歩が好きで、とにかくいつも一緒の4匹です。これからもずっと元気でいてね。
  • 作品名『野付牛公園の湖に映る桜』  北見市・男性   5月5日午前5時、目が覚めて窓を開けると雲ひとつない好天。「もしかして野付牛公園に行くと絶景が見られるのでは?」と思い行ってみると、そこには水面に映る桜の美しい光景がありました。
  • 作品名『水芭蕉と野鳥』  北見市・ナッカ   連休初日、オホーツク管内は雪が降りましたが、網走市呼人の遊歩道では水芭蕉が咲き誇っていました。野鳥のさえずりが盛んに聞こえ、水芭蕉の周りを元気に飛び回る姿がありました。野鳥を判別するのは難しく、コサメビタキのように思いますが、自信はありません。
  • 作品名『花開いた幸福の木とぼく』  のらねぃさん   ぼく(マチャル・16歳)のうちの幸福の木に花が咲いたよ!お母さんに聞いたら、30年の間に4回目の開花なんだって。
  • 作品名『クリオネのデザイン灯台』  網走市・男性   正式には網走港東防波堤灯台という名称。デザイン灯台は全国的にも珍しく、北海道には3カ所にしかないそうです。快晴の空のもと、4月11日午後3時ころの撮影です。
  • 作品名『お散歩』  北見市・サッチ   7日お昼ころ、北見の常盤公園内の歩道を散歩しているようなハクチョウを見かけました!
  • 作品名『夜明けの挑戦…』  北見市・石ちゃん   極寒の朝…小さくも手強い相手と勝負にチミケップ湖へ…ヒコーキ雲から運をもらった!
  • 作品名『斜里岳綺麗だった』  北見のピーちゃん   斜里岳のワンショットです。北見に戻ってきて、はや2年。札幌から友人達が押しかけ知床で一泊。40年ぶりの知床は、週末の天候もよく最高でした。やっぱり北海道はいいですね〜。
  • 作品名『あたたかい日差しを浴びて』  北見市・真っ黒いゆきだるま   北見の常盤公園でオオハクチョウがスイスイ泳いでいます。あたたかい春の日差しを浴びて気持ち良さそうです。
  • 作品名『はねやすめ』  北見市・FK   4月初め、北見市東相内町の田んぼにハクチョウが10羽ほどいました。北に帰る途中の羽休めなのでしょう。少し近づいてみると、飛び去らずにちょっと離れるだけ。とてもかわいらしかったです。
  • 作品名『流氷と帽子岩』  網走市・雲好き   とても寒い日の流氷です。寒々しい空と雲。ずっと向こうに小さく見えるのは帽子岩。何も言わず寒さに耐えている…そんな光景です。
  • 作品名『やっと出会えた森の妖精シマエナガ』  北見市・ナッカ   遊歩道や公園を散歩中に「もしかしてシマエナガ?」と思うことは、しばしばありました。阿寒湖畔に在住する写真家・山本光一さんのトークショーに参加して、カラ類と行動をともにしていることを知り、確信をもって観察していたら見つけました。
 
 

見たい写真をクリックすると、拡大表示されます。

写真の右側にマウスカーソルを移動・クリックで次の写真、左側に移動しクリックすると前の写真が表示されます。

閉じるボタンをクリックすると一覧に戻ります。

 
 
 

あなたの自慢の1枚を「フォトぽっぽ」にお寄せください。紙面と伝書鳩WEBサイトを通じて、みんなに見てもらいましょう。

 応募は写真1点にタイトル、簡単なコメント、住所、氏名、ペンネーム、年齢、連絡先を添えて。封書は〒090-0036 北見市幸町2丁目1─28 フヂサワビル2F「経済の伝書鳩編集部 フォトぽっぽ係」へ。Eメールは(info@denshobato.com)へお送りください。

※メール添付の場合、画像撮影サイズは2M(1632×1224)以上でお願いします。

※掲載の可否は編集部で判断させていただきます。投稿は網走管内在住の方に限らせていただきます。人物写真の場合は必ず了承を得て投稿してください。

※本コーナーで紹介している写真の著作権は投稿者に既存します。紹介している写真の二次使用は固く禁じます。