人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

釣り情報

 秋の深まりとともに釣行に寒さ対策が必要なシーズンとなりました。今年の屈斜路湖のチップ釣りは例年よりやや遅れていましたが、産卵行動が本格化し今がピーク。湖畔の紅葉を楽しみつつ釣行してみませんか。

屈斜路湖のチップ釣り

 チップは別名ヒメマス。ベニザケの陸封型ですが、この時期、産卵のため、湖岸に大挙、押し寄せます。湖岸からのルアーやフライのターゲットとして人気の魚です。

 ルアーはスプーンのほか、ミノーやスピナー、ジグにも反応しますが、岸辺なので根がかりを防げるものが、使いやすいと思います。

 ポイントは湖岸ならどこでも可ですが、流れのある小河川の流れ出し付近に釣り人は集まっています。チップは沖から岸寄りしたり、再び沖に移動したりですが、群がいれば、もじりやライズを見つけられると思います。

 サイズは30センチ~40センチとかなり大型で、アメマスも交じります。将来の釣り資源保護のため、リリースしてあげてください。

 チップ釣りは11月初旬ころまで楽しめると思います。
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)
チップに有効、ミニスプーンとスピナー

 チップ釣りに効果的なのがミニスプーンとスピナー。スプーンは5グラム~7グラムが使いやすく。ヒット率も高いと思います。カラーにこだわる必要はありませんが、カラーチェンジした途端のヒットが多いと思います。
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)