人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

釣り情報

 オホーツク海の海釣りが本格化する中、常呂沖にブリの群れが回遊しています。すでにブリ釣りの遊漁船も出ており、豪快な釣りを楽しんでいます。

常呂沖のボートで釣れたブリ
常呂沖のボートで釣れたブリ

ブリジギング

  はるか日本海から、宗谷岬を通り回遊してきたブリが常呂の網に入り始めました。群れも小さく数が上下することも多いのですが、今週に入り、数も上昇し魚体も60~70センチから中には90センチで9キロという大物も。これから数も増える見通しです。

 遊漁船によるブリ釣りは、サケ釣り以上の豪快なファイトが魅力でここ数年、急速に人気が高まりファンも急増中。遊漁船は常呂港や能取港から出船しています。

 現在は海水温がまだ低いせいか活性が低くブリジギングは、ゆっくりとジャークするスロージギングが主流です。水深50メートル程度のポイントだと、底から10メートルほどの間で反応があるそう。特にフォール中の当たりが多いそうです。

 釣具店でもジギング用の専用ロッドやリール、メタルジグなどのニーズが高まり品ぞろえも充実し、夏のブリ釣りが定着した証拠です。ただ、釣りに熱中するあまり船からの転落事故もあり得るので、ライフジャケットの着用をお願いします。

 
 
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)

ブリに高アピール

スロージギング用ジグ

 ブリにアピールするスロージギング用のジグ。160~180グラム程度が扱いやすく、カラーローテーションで当たりジグを探ります。また、フックサイズも多数あり、その日の魚のサイズに合わせたフック選びが重要です。

 
 
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)