人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

釣り情報

 ワカサギ氷上釣りシーズン到来−。おけと湖のワカサギ釣りが28日に解禁となりました。各地の釣り場情報と便利な釣りグッズを紹介します。

すでにワカサギ釣りが始まったチミケップ湖(23日撮影)
すでにワカサギ釣りが始まったチミケップ湖(23日撮影)

[網走湖]

 管内一の人気スポット、網走湖は市呼人の特設会場が開放されます。解禁は1月5日。遊漁料は1人800円(小学生400円)。竿や仕掛け、えさ、遊漁料を含めセットで1800円。3月中旬ころまで楽しめます。問い合わせは網走市観光協会(TEL0152−44−5849)。

[網走湖・女満別湖畔]

 大空町女満別湖畔が会場で解禁は1月5日の予定。遊漁料は大人800円(小学生400円)。問い合わせはNPOめまんべつ観光協会(TEL0152−74−4323)。

[おけと湖]

 前年の解禁は2日でしたが、今期はやや遅れて28日。駐車場は3台分。利用期間は2月2日ころまでの予定。携帯電話は不通。利用時間は午前7時〜午後4時。入漁料は現地で大人610円、中学生以下300円。問い合わせは町役場産業振興課(TEL0157−52−3313)。

[チミケップ湖]

 津別町のチミケップ湖は先週末から釣り人が訪れています。無料の釣り場。氷の厚さなど安全が確認されていないので釣りは自己責任です。ニジマス・サクラマスもいます。携帯電話は不通。湖を管理しているのは津別町建設課(TEL0152−76−2151)。

[富里湖]

 無料の釣り場です。解禁は1月5日。ワカサギの稚魚放流は休止中ですが、自然産卵のワカサギがいます。ニジマスやサクラマスも釣れるので、ブドウ虫なども持参するとよいでしょう。3月中ころまで。問い合わせは富里湖森林公園管理棟(TEL0157−33−2520)。

 
 
アイスドリル
アイスドリル

釣り用テント

ワカサギ釣りの必需品が寒風を防ぐ釣り用テント(2〜4人)。寒さと風から身を守り暖房器具がなくともプラスの室温が保て、釣りに集中できます。

アイスドリル

ドリル径はすべて15センチ。ただ、ドリルの長さが深さ9センチと110センチタイプがあります。ドリル本体に取り付ける刃は古くなると交換が必要になります。

サビキ仕掛け

サビキ仕掛けは針の大きさ(1〜3号)がポイントになるので予備も含め複数が必要です。水深に合わせた重りも準備してください。

魚群探知機

 ホンデックス製の魚探で湖底の深さやワカサギの群れが確認できます。バッテリー、充電器もセット。

サビキ仕掛け
サビキ仕掛け
釣り用テント
釣り用テント
魚群探知機
魚群探知機
 
※情報提供=坂本ホーマ・フロス店