人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

釣り情報

 雨と低温も落ち着き、初夏の陽気となる週末は釣りが楽しめそうです。漁港はまだ水温が低くく反応は薄いのですが、川は水温が上がり、ニジマス・アメマスの活性も上がっています。湖ではコイが産卵期を迎え、50センチオーバーの大物釣りのチャンス到来です。

悠然と群れをなして泳ぐ富里湖のコイ
悠然と群れをなして泳ぐ富里湖のコイ

富里湖

 富里湖には野ゴイのほか、大型のヘラブナもいて延べ竿を構える釣り師が訪れています。コイは湖岸の水草やヤナギの枝などに産卵しますが、この時期は警戒心を解いて荒食いもします。その分、釣りのチャンスは増します。

 一般的なコイ釣りは練りえさを使い、吸い込みという仕掛けで釣ります。練りえさは食わせるためだけでなく、小魚を寄せる役割もあり、小魚が群れだすことでコイも警戒心を解くようですが、最も効果が高いのはミミズ。

 コイはワカサギも捕食するため、ニジマス狙いのスプーンにも反応します。重量感のある引きはぐいぐいと深場へ引き込もうとし、ある程度のしっかりとした竿が必要です。

 また、富里湖には管外からヘラブナ釣り師が訪れるほどで、最大30センチオーバーのヘラブナもいます。釣りのプレッシャーが少ない分、釣果が期待できると、隠れた釣りポイントになっています。

雪解け水で満水状態の富里湖
雪解け水で満水状態の富里湖
 
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)

コイの釣果アップにえさの変更を

 コイやフナのエサとして、よく知られている練りえさ。食パンでもオーケーですが、警戒心の強い大型のコイにはミミズが効果的。釣りの時間帯や活性によっても食いが変わり、えさを替えた途端に食いがよくなることも。

 
 
※情報提供=(坂本ホーマ・フロス店)