人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2019年03月26日(火)掲載記事一覧

tweet

連載 若者よ、選挙に行こう!

(中)深刻な若者の選挙・政治離れ
選管は標準投票所を設け、選挙ごとに投票率を集計し、統計を取っている。北見市の場合は、北見第3投票所(東小校区)が標準投票所になっている。 北…

連載 北方領土元島民2世の思い (3)

近くて遠いふるさとの島
平成28年(2016年)7月、志発(シボツ)島への自由訪問が実現した。島を訪問したのは志発島の元島民と配偶者、2世とその配偶者、3世合わせて…

連載 北見市の第2期総合計画

前期基本計画の内容紹介 (7)
第2期北見市総合計画・前期基本計画(2019~23年度)の4つ目の基本目標は「環境・生活基盤(自然と調和する安全な住みよいまちづくり)」。分…

道学生書道展、墨遊書展で推薦に

北見緑小4年・女子児童、1年・男子児童
北見の北見緑小4年女子児童と弟の北見緑小1年男子児童が、第71回北海道学生書道展の小学自由の部4年、第29回墨遊書展の課題部小学1年生部門で…

特殊詐欺被害防止のメッセージ考案

北見藤女子高生徒会の6人
特殊詐欺被害を防ごうと、北見藤女子高校の生徒会のメンバー6人が被害防止のメッセージを考え、これを基に合言葉をつくった。道警北見方面本部の依頼を受けて考案したもので、同本部は女子カーリングチームのロコ・ソラーレのメンバー4人がこのメッセージを呼び掛ける広報映像を制作。19日に同校で発表会が行われ、生徒達が思いを語った。
特殊詐欺被害を防ごうと、北見藤女子高校の生徒会のメンバー6人が被害防止のメッセージを考え、これを基に合言葉をつくった。道警北見方面本部の依頼…

連載 横領の被害者は誰? (完)

網走「へき地はまなす保育園」
網走市が設置する「へき地はまなす保育園」の運営委員長と会計担当者の2人による横領問題は、不測の事態が起きた際の「網走市役所」と「委託団体・者」の“責任の範囲”を考えるきっかけになった。今回の問題発覚後、市役所から市民(納税者)に対しての謝罪はない(3月14日現在)。今回のような事態がまた起きた場合、委託される民間団体はどこまで「責任」を持つべきなのだろうか? (大)
網走市が設置する「へき地はまなす保育園」の運営委員長と会計担当者の2人による横領問題は、不測の事態が起きた際の「網走市役所」と「委託団体・者…

連載 研究者の思いと内容紹介

北見工大 農林水産工学連携研究センター
(完)エゾシカ肉をおいしく食べる

どうすれば野生のエゾシカをおいしく食べられるか-。北見工業大学地球環境工学科の武山真弓教授は、オホーツク農林水産工学連携研究推進センターの研…

「あそびーば」に名称決まる

置戸の新児童遊園地
置戸町中央公民館前庭に完成した新たな児童遊園地の名称が公募で「あそびーば」と決まり、先ごろ看板が設置された。芝の養生をへて5月にオープンを予…

オホーツク大豆の焼き菓子が完成

「オホーツクフィナンシェ」
管内14農協で組織するオホーツク農業協同組合連合会は、菓子メーカーの柳月(十勝管内音更町)とのコラボレーションで完成させた焼き菓子「オホーツ…

北見市に児童図書を寄贈

国際ソロプチミスト北見
国際ソロプチミスト北見が北見市に児童図書18冊(3万円相当)を寄贈した。本は北見の南仲町と三楽の児童センターで活用される。 22日に会長ら5…

美幌町議選へ事務所開き

岡本美代子氏
4月の美幌町議会議員選挙で6選を目指す岡本美代子氏(69)の後援会の事務所開きが23日、日の出1-22の事務所で行われた。 岡本氏は平成11…

本を雪や雨で濡らさないで

網走市立図書館
網走市立図書館は、貸し出した本を雪や雨で濡らさないよう呼びかけている。館内で用意している図書バッグなどの利用を勧めている。 問い合わせは同館…

「網走市スポーツ協会」に名称変更

網走市体育協会が4月から
一般財団法人 網走市体育協会は4月、法人名を「網走市スポーツ協会」に変更する。 同協会の案内文書によると、変更理由は「今では『スポーツ』は競…

新入生、昨年上回るも定員割れ…

北見ことぶき大学
2次募集に

北見ことぶき大学の新入生が定員を下回り、市は2次募集を行っている。4月4日(木)午前9時半から北見芸術文化ホールで開く入学説明会でも、申し込…

網走市民に無料配布

汚泥堆肥を700袋
網走市民を対象に、市は下水道汚泥から作った堆肥「オホーツクの大地」700袋(1袋8キロ詰め)を無料配布する。希望者が多い場合は抽選となる。往…

こいのぼり今年も見に来て

美幌神社、4月13日から
美幌神社(井上聡宮司)が、端午の節句に向けて家庭に眠っているこいのぼりの提供を呼び掛けている。子ども達の健やかな成長を願って毎年、境内に数多…