人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2020年10月12日(月)掲載記事一覧

tweet

津別町の燃やすごみ受け入れへ

北見市が来年4月から
 北見市は来年4月から、津別町の「燃やすごみ」を市大和の廃棄物処理場で受け入れる。両市町など1市4町が昨年10月に締結した「北見地域定住自立圏形成協定」に基づく広域事業で、同処理場の焼却処理能力の範囲内で対応できることから、地域ぐるみの持続可能な廃棄物処理体制づくりの一環として実施する。
 北見市は来年4月から、津別町の「燃やすごみ」を市大和の廃棄物処理場で受け入れる。両市町など1市4町が昨年10月に締結した「北見地域定住自立…

青いカエル見つけた!

北見・男性撮影
 北見市在住の男性(60)が、市内の金刀比羅さくら公園で青いカエルを見つけた。趣味の野鳥撮影のため、20年ほど同公園に通っているが「初めて見…

この実 なんの実 草木の実

秋の気配増す仁頃山を歩く
 木の葉の色づきが増し、野山は彩り豊かな季節を迎えています。秋の気配が増してきた北見の仁頃山(標高829㍍)を歩いてみました。 9月下旬、仁…

長い期間途上国で活動

JICA北海道・国際協力推進員 男性(60)
 1日付けで北見市市民環境部に配置された、JICA北海道(帯広)の国際協力推進員、男性(60)。地域における「JICAの窓口」として、国際協…

北見で秋季ラジオ体操会…

70人が元気いっぱい
 北見市ラジオ体操連盟など主催の秋季ラジオ体操会が4日、南地区トレセン前で開かれた。市内各地から70人が集まり、コロナ禍でも体操を続けられた…

「わくわく幼年消防クラブです」

笑顔のポスター配って歩く
 秋の火災予防運動(10月15~31日)を前に、訓子府町の認定こども園わくわく幼年消防クラブのメンバーが防火ポスターを町内の事業所に配った。…

お菓子を寄贈…川東の里に

マルハン北見店、端野店
 パチンコ&スロット「マルハン」の北見店と端野店が8日、知的障がい者施設を運営する社会福祉法人・川東の里に菓子を寄贈した。 北見店のマネージ…

レナ観光ファミリー会が くるみ里親会に寄付

今年も善意届ける
 北見市内のゴルフ愛好者でつくるレナ観光ファミリー会は9日、くるみ里親会に33万5千円を寄付した。 同里親会は、さまざまな事情で親と暮らすこ…

キッチンカーミニマルシェ利用状況

北見市が主催
23日間で2119人、1日平均92人が利用

 キッチンカーでランチを販売する北見市主催の「キッチンカーミニマルシェ」が9月30日で終了し、市は利用状況を集計した。8月29日から計23日…

危険業務従事者叙勲 発表

本紙配布エリアで11人が受章
 オホーツク総合振興局は、自衛官や警察官など危険を伴う業務に長年従事し、社会に貢献した人をたたえる第35回危険業務従事者叙勲の受章者を公表。…

10月の美幌博物館プチ工房

ハロウィンがま口ポーチつくろう
 美幌博物館のプチ工房「ハロウィンのがま口ポーチ」が16日(金)と17日(土)に博物館で開かれる。 フェルトを組み合わせてハロウィンのポーチ…

18日・特別展ギャラリートーク

美幌博物館
 動物写真家・前川貴行さんの特別展ギャラリートークが18日(日)に美幌博物館で行われる。 開催中の特別展「前川貴行の生き物バンザイ!」を解説…

24日・美幌博物館講座

松浦武四郎の足跡を巡る
 美幌博物館講座歴史編「松浦武四郎の足跡を巡る」が24日(土)午前9時半~正午に美幌町都橋の美幌川周辺で開かれる。 約2㌔を歩き、松浦武四郎…