人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2020年10月22日(木)掲載記事一覧

tweet

2度目の特別定額給付金騙り…

不審メールで偽の申請サイトに誘導
総務省からメールは来ません

 総務省を騙った特別定額給付金に関する不審メールが届く事案が全国的に広まっている。2回目の給付が決まったとしてオンライン申請を促す悪質な内容。北見市消費生活センターによると、この件に関する市民からの相談はまだない(20日現在)が、本紙編集部には2通の不審メールが届いている。今後、市内で被害が出る懸念もあり、騙されることのないよう十分な注意が必要だ。
 総務省を騙った特別定額給付金に関する不審メールが届く事案が全国的に広まっている。2回目の給付が決まったとしてオンライン申請を促す悪質な内容…

全国ランキング3番以内に

北見緑陵高校陸上部・永井 優会さん
 北見緑陵高校陸上部の永井優会さん(2年)が、全国高校陸上競技大会2020(23~25日、広島市)女子5000㍍競歩に出場する。現在、全国ラ…

増える生ごみ 見通しの甘さ (1)

堆肥化センターに破袋機 増設へ
 網走市は、市内の明治廃棄物処分場にある生ごみ堆肥化センターに破袋選別機を増設する。今後は2台の破袋機が稼働し、堆肥化を促進する。作業員の新型コロナウイルスの感染防止対策だが、取材を進めると、生ごみの堆肥化は当初の計画通りに進んでいないことなどが分かった。計画通りに生ごみの堆肥化を進めなければ、3年前に受け入れを始めたばかりの埋立て処分場は、供用期間「15年間」を待たずに満杯となる可能性もある。生ごみ処理の現状を調べてみた。  (大)
 網走市は、市内の明治廃棄物処分場にある生ごみ堆肥化センターに破袋選別機を増設する。今後は2台の破袋機が稼働し、堆肥化を促進する。作業員の新…

美幌「サニーセンター」11月1日オープン

ボルダリングウォールなど整備
 美幌町屋内多目的運動場「サニーセンター(サニセン)」が柏ヶ丘運動公園に完成し、11月1日にオープンする。冬も屋外競技に取り組める人工芝のア…

町の歴史をミニトリップ

置戸・ふるさと少年クラブ「郷土資料館ツアー」
 置戸町の小学生の校外活動、ふるさと少年クラブの「郷土資料館ツアー」が10日、町内で繰り広げられた。学校のパソコンでデジタル郷土資料館を閲覧…

北見くるみ幼稚園で遊具のペンキ塗り

オホーツクきたみ学生連合の高校生ら
 北見市内の高校生の地域づくり団体「オホーツクきたみ学生連合」のメンバーらが17日、北見くるみ幼稚園で色あせた遊具などのペンキ塗りを行った。…

自由帳で「火の用心」

美幌消防署が園児に贈る
 美幌消防署が16日、町内の保育園や幼稚園などに「火の用心自由帳」を贈った。 子ども達に防火意識を高めてもらおうと、30日までに町内6施設に…

ザリガニ紙芝居、外来種とは

農業科の美高生が保育所で披露
 美幌高校農業科の生徒10人が13日、上美幌保育所を訪れ、特定外来種ウチダザリガニの紙芝居を披露したほか、ザリガニ有機発酵肥料で育てた野菜を…

北見市が消費生活モニター調査

生鮮魚介類5品目すべて値下がり
 北見市は消費生活モニターを通じて13日現在の野菜と生鮮魚介類の小売価格を調査・集計した。 野菜は10品目中、玉ねぎ、ほうれん草、きゅうりな…

今日のありがとう

財布が届きました
 先日、北見市内のスーパーで買い物をした後、近くのバス停でバスを待っていた時のことです。 ふとバッグの中を見てみると、財布がありません。どう…

北星学園余市高の教育講演・相談会

25日に北見芸文ホールで
 なぜ、学校に行けるようになったのか…不登校・高校中退・ひきこもりの生徒を全国から受け入れている、北星学園余市高校(後志管内余市町)の「教育…