人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2020年10月29日(木)掲載記事一覧

tweet

新たな冬季スポーツの拠点に

北見市の新カーリングホール
 31日に供用開始となる北見市柏陽町の通年型カーリングホールが、27日に報道機関に公開された。北見工業大学の最先端冬季スポーツ科学研究を実用化する競技力向上支援システムを備え、初心者からトップアスリートまで幅広い利用を見込む。11月の予約はすでに90件を超えており、新たな冬季スポーツの拠点として注目が高まっている。
 31日に供用開始となる北見市柏陽町の通年型カーリングホールが、27日に報道機関に公開された。北見工業大学の最先端冬季スポーツ科学研究を実用…

全道高校書道展で最高位

留辺蘂高校書道部・女子生徒
 留辺蘂高校書道部の3年女子生徒が、第54回全道高校書道展で最高位の北海道高等学校文化連盟賞に輝いた。栗原さんは書道部に今年度から所属。書の…

増える生ごみ 見通しの甘さ (3)

導入直後から異物混在で破袋選別機が止まる
 網走市は、家庭から排出された生ごみの堆肥化を進めているが、計画にある「100%たい肥化」の実現は困難な状況だ。生ごみ堆肥化センターが稼働してから3年。この3カ年の堆肥化率(生ごみ総排出量に対して堆肥化できた割合)は4割にとどまる。堆肥化が思うように進まない理由は、同センターに設置される破袋選別機が度々、途中停止するためだという。
 網走市は、家庭から排出された生ごみの堆肥化を進めているが、計画にある「100%たい肥化」の実現は困難な状況だ。生ごみ堆肥化センターが稼働し…

北見おくだなつみさん抽象画個展

ライブペイントにも挑戦
 北見市のおくだなつみさん(32)の抽象画個展が、市内のまちきた大通ビル6階市民ギャラリーで開かれている。「宇宙」をテーマに、アクリル絵の具…

ラッピング福祉バスお目見え

人間ばんば、ゆぅゆ…置戸町の走る広告塔
 置戸町の福祉バスが代替えされ、町のキャラクター・おけばんばくんなどが描かれるラッピング仕様に一新された。「目立っていい」「町のPRになる」…

エアポートライナー

女満別空港と屈斜路・川湯温泉を結ぶ
 女満別空港を起点に屈斜路・川湯温泉を結ぶエアポートライナーが11月下旬まで運行され、摩周湖観光協会などが利用を呼びかけている。 屈斜路プリ…

道路情報

 サイクリングロード網走常呂自転車道線(道道1087号)は30日午前10時に冬期通行止めとなる。 網走市大曲-北見市常呂町東浜の25.2㌔区…

11月1日・美幌LCが献血活動に協力

 美幌ライオンズクラブは11月1日(日)、北海道赤十字血液センターがコープさっぽろびほろ店駐車場で行う献血活動に協力する。献血した人にたまご…