人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

2021年01月15日(金)掲載記事一覧

tweet

“樹氷ロード”

シバれた朝に輝く
 冷え込んだ朝、網走市内を流れる網走川沿いの木々が樹氷をまとい、真っ白な世界を創り出している。同川そばの国道39号や河川敷遊歩道は“樹氷ロード”とも呼ばれ、地元住民らの目を楽しませている。
 冷え込んだ朝、網走市内を流れる網走川沿いの木々が樹氷をまとい、真っ白な世界を創り出している。同川そばの国道39号や河川敷遊歩道は“樹氷ロー…

職員新型コロナ感染したら… (3)

管内役所・役場の対応は?
 今回の取材対象とした2市2町の中で、職員がコロナ感染したことを公表したのは大空町だけだ(※ほかの市町は職員が感染した事例はない)。大空町はなぜ、公表したのか-。その答えからは、道庁や保健所の指示に従いつつも、住民の命を守るための“覚悟”を感じた。           (取材班)
 今回の取材対象とした2市2町の中で、職員がコロナ感染したことを公表したのは大空町だけだ(※ほかの市町は職員が感染した事例はない)。大空町は…

置戸町の道有林で「照査法」試験

65年間の調査で見えたもの
 置戸町の道有林に1955(昭和30)年、照査法試験林が設定され、最初の一巡(第1経理期、8年間)は、不良木の整理による林相整備のため強度の…

連載 きらり! レディース (70)

北見スマイルこそだてネットワーク代表 杉本一恵さん(46)
 笑顔で子育てできるまちづくりを目指す市民グループ「北見スマイルこそだてネットワーク」の代表を務める杉本一恵さん(46)。ある出会いに刺激を受け、「子どもがいてもいなくても、やりたいことはできる」とお母さんの笑顔につながる活動をスタート。「ママの幸せこそ、子どもが幸せに育つ基盤になると思います」と語る。
 笑顔で子育てできるまちづくりを目指す市民グループ「北見スマイルこそだてネットワーク」の代表を務める杉本一恵さん(46)。ある出会いに刺激を…

コロナ禍10代の声

北見藤高校2年 藤波会会長 女子生徒
 分散登校中は、友達に会えない寂しさと、勉強が進まない焦りを感じていました。楽しみにしていた学校祭や体育祭などの行事が(新型コロナウイルスの…

20日に臨時北見市議会、議案を公表

新型コロナ・ワクチンの準備経費など計上
 北見市は20日に開かれる臨時市議会に提出する議案を公表した。新型コロナウイルスのワクチン接種の準備に要する事業費など合わせて3億6700万…

丑年生まれ登場

訓子府・11歳男子児童
 訓子府小学校5年の11歳男子児童は今年、小学校最後の1年間、勉強も校外活動も一生懸命頑張ると張り切っている。 水泳少年団で活動。バタフライ…

コロナ禍、負けるか!

思いで生まれた作品紹介
 開拓のためかつて秋田県から入地した置戸町秋田地区で秋田伝統のナマハゲならぬ、手づくりマスコットのアマビエが登場し話題となっている。ナマハゲ…

新規農業従事者を激励

美幌で励ます会
 美幌町の2020年度の新規農業従事者を励ます会(美幌町農業担い手対策協議会主催)が12日、みらい農業センターで開かれた。 20年度の新規農…

北海道地域文化選奨の特別賞に

文芸北見発刊実行委員会が…
 地域文芸誌「文芸北見」を発行する文芸北見発刊実行委員会がこのほど、北海道地域文化選奨の特別賞に選ばれた。藤川道雄編集長は「(全道的に)評価…

まちきた大通ビルで17日まで

滝上の魅力が詰まった写真並ぶ
 2020童話村たきのうえ「芝ざくらと渓谷のまち」ファンタスティック写真大賞北見展が、北見市内のまちきた大通ビル6階市民ギャラリーで開かれて…

北見で18日まで「高知フェア」

コミュニティプラザパラボ地下で
 北見の姉妹都市高知の物産を集めた「高知フェア」が、北見市内のコミュニティプラザパラボ地下で行われている。カツオのタタキなど、産地直送の人気…

18~29日・牛乳パックの椅子作り

端野子育て相談センター
 北見市端野子育て相談センターのWEEKイベント「牛乳パックの椅子作り」が18日(月)から29日(金)にかけて行われる。午後2時~5時のセン…

新成人の晴れ着姿 募集

写真を紙面やHPで紹介
 伝書鳩では、今年の新成人を対象に晴れ着姿の写真を募集し、紙面および当社HPで紹介します。 対象は本紙配布エリア(北見市、網走市、美幌町、大…