人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

釣り情報

 マス網が揚がった、お盆のカラフトマス釣りは昨年と異なり、全般に好調でした。釣り人も多かったのですが、知床方面を主体に各地で釣果が聞かれました。すでに浮きルアーによるサケの釣果も報告されています。マスの来遊がピークとなるこれからもチャンスが続きます。

釣り情報

知床のマス釣果
知床のマス釣果

 お盆期間中、知床遠征組は人気ポイントの幌別、フンベ、オシンコシン、糠真布などで釣果に恵まれる人が多かったようです。多い人で4、5本の釣果。また、常呂漁港でも外海側で1、2本の釣果がありました。遠投できるルアー単体での釣り人が多かったようです。

 網が揚がった13日は群れも数少ない状態で釣果も散発的でしたが、全体的には、しり上がりに16日までの後半がよかったようです。

 知床など有名ポイントは今後も混雑が続く見通しですが、釣り人が減るお昼前後から夕間詰め狙いの釣行もよいかもしれません。

 管内のマスの漁獲(8月10日現在)も前年同期比35%増の4万4千匹で網走は同比1.86倍、常呂は同比1.77倍と来遊は好調です。今後、マスの来遊がピークを迎えることから十分に釣果のチャンスは増すと思います。今年はサケの来遊も早くサケ混じりの釣果が期待されています。

※情報提供=坂本ホーマフロス店

 オホーツク総合振興局は斜里町の知布泊漁港の釣り利用に関し、一部漁港内の車両の進入・駐車の禁止を設定しています。近年、港内での惑駐車やゴミ・排泄物の放置、駐車による漁漁活動への影響などのマナー違反が増加しているためです。

 港での釣りルールは、8月6日〜10月31日の期間、ゲートが設置されている港内への進入禁止(漁業関係者を除く)と町道部分の駐車禁止。ルールを守っての利用を呼び掛けています。

釣り情報

 沖から河口周辺に入ってきたばかりのフレッシュなマスはスプーンに好反応を見せています。実績が高いのはカラフトマス釣りの定番、タスマニアンデビルや黒系の13〜18グラムのスプーンです。タックルボックスに入れておきたいアイテムです。

※情報提供=坂本ホーマフロス店