人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

フォトぽっぽ

フォトぽっぽ

フォトぽっぽ

「フォトぽっぽ」は経済の伝書鳩の読者投稿による写真企画です。
風景、動物や植物、スナップなど…みんなに見てもらいたいお気に入りの1枚を紹介していきます。
  • 作品名『お散歩』  北見市・サッチ   7日お昼ころ、北見の常盤公園内の歩道を散歩しているようなハクチョウを見かけました!
  • 作品名『夜明けの挑戦…』  北見市・石ちゃん   極寒の朝…小さくも手強い相手と勝負にチミケップ湖へ…ヒコーキ雲から運をもらった!
  • 作品名『斜里岳綺麗だった』  北見のピーちゃん   斜里岳のワンショットです。北見に戻ってきて、はや2年。札幌から友人達が押しかけ知床で一泊。40年ぶりの知床は、週末の天候もよく最高でした。やっぱり北海道はいいですね〜。
  • 作品名『あたたかい日差しを浴びて』  北見市・真っ黒いゆきだるま   北見の常盤公園でオオハクチョウがスイスイ泳いでいます。あたたかい春の日差しを浴びて気持ち良さそうです。
  • 作品名『はねやすめ』  北見市・FK   4月初め、北見市東相内町の田んぼにハクチョウが10羽ほどいました。北に帰る途中の羽休めなのでしょう。少し近づいてみると、飛び去らずにちょっと離れるだけ。とてもかわいらしかったです。
  • 作品名『流氷と帽子岩』  網走市・雲好き   とても寒い日の流氷です。寒々しい空と雲。ずっと向こうに小さく見えるのは帽子岩。何も言わず寒さに耐えている…そんな光景です。
  • 作品名『やっと出会えた森の妖精シマエナガ』  北見市・ナッカ   遊歩道や公園を散歩中に「もしかしてシマエナガ?」と思うことは、しばしばありました。阿寒湖畔に在住する写真家・山本光一さんのトークショーに参加して、カラ類と行動をともにしていることを知り、確信をもって観察していたら見つけました。
  • 作品名『春まだ遠くつらら下る』  北見市・男性   散歩途中に出合ったのでシャッターをきりました。
  • 作品名『賑わう流氷まつり』  網走市・男性   あいにく流氷は沖合いでしたが、晴天に恵まれたオホーツク流氷まつりは大盛況。流氷観光砕氷船も、まつり会場にちょっと寄り道。
  • 作品名『寒厳のツララ』  北見市端野・女性   この寒い中、外でツララなんて写しておられませんので午前中、家の中から撮って楽しんでいます。逆光でも晴天であればきれいに写ります。なお、光を交差させるためにクロスフィルターを使用しています。
  • 作品名『『厳冬の朝』』  (網走市・フクちゃん)   1月30日の夜明け、網走の海岸にて撮影。前日の天気予報から気嵐(けあらし)が期待できそうでしたので、朝焼けとオーロラ号を入れて撮影しました。予想以上の気嵐でした。
  • 作品名『エゾリス猛ダッシュ』  北見市・男性   北見市内を流れる小町川のほとり、広葉樹があるところでエゾリスに遭遇。餌をくわえ駆け出すところを撮りました。
  • 作品名『がんばった』  北見市・男性   昨年末に、静岡県から遊びに来ていた孫と一緒に仁頃山へ行きました。毎年、五合目までは登っていましたが、この日は頑張って頂上まで登りました。
  • 作品名『夫婦丹頂鶴★』  ナオミ  網走の濤沸湖畔で発見! 近くには子どものタンチョウもいました。この夫婦丹頂鶴のように、私たち夫婦もいつまでも仲良くいられますように!
  • 作品名『雲海から昇る初日の出』  網走市・男性   平成31年1月1日午前7時25分、美幌峠頂上付近で撮影。感動でした。今年はいい1年になりそうです。
  • 作品名『日本舞踊三姉妹』  北見市・ゆ~みんバァバ   孫の三姉妹は日本舞踊をやっています!師匠は…私、三姉妹のバァバです!!お姉ちゃんは「白虎隊」を踊った時のものです。下のふたりは、双子です。今回は別々に踊りました。お稽古熱心で、まだ一度も休まず、お稽古に励んでいます!!
  • 作品名『若松湧水でびっくり』  北見市・水汲みおじさん   11月28日に撮影。若松湧水の辺りは暖かいのかな!? 季節外れのフキノトウが出てました。
  • 作品名『黄金カラマツ』  訓子府町・男性   ヘリから撮影しました。普段は木を上から見れないと思うので、新鮮な写真になりました。紅葉したカラマツが黄金色に見えた1枚です。
 
 

見たい写真をクリックすると、拡大表示されます。

写真の右側にマウスカーソルを移動・クリックで次の写真、左側に移動しクリックすると前の写真が表示されます。

閉じるボタンをクリックすると一覧に戻ります。

 
 
 

あなたの自慢の1枚を「フォトぽっぽ」にお寄せください。紙面と伝書鳩WEBサイトを通じて、みんなに見てもらいましょう。

 応募は写真1点にタイトル、簡単なコメント、住所、氏名、ペンネーム、年齢、連絡先を添えて。封書は〒090-0036 北見市幸町2丁目1─28 フヂサワビル2F「経済の伝書鳩編集部 フォトぽっぽ係」へ。Eメールは(info@denshobato.com)へお送りください。

※メール添付の場合、画像撮影サイズは2M(1632×1224)以上でお願いします。

※掲載の可否は編集部で判断させていただきます。投稿は網走管内在住の方に限らせていただきます。人物写真の場合は必ず了承を得て投稿してください。

※本コーナーで紹介している写真の著作権は投稿者に既存します。紹介している写真の二次使用は固く禁じます。