人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

子どもに多い感染症が流行

tweet
2019/12/26掲載(網走市/社会)

網走保健所管内で

A群溶血性レンサ球菌、リンゴ病の警報、水ぼうそうの注意報発令

 網走保健所は24日、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎と伝染性紅斑(リンゴ病)の警報、水痘(水ぼうそう)の注意報を発令した。16~22日の定点医療機関の患者数がそれぞれ警報、注意報の基準を上回った。

 いずれも子どもに多い感染症。A群溶血性レンサ球菌咽頭炎はのどの腫れや痛み、発熱など、伝染性紅斑は発熱に続き頬に赤い発疹が現れるのが特徴。水痘は発疹、発熱などの症状がみられ、発疹がかさぶたになって治癒する。

 同保健所は患者との接触を避け、手洗いやうがいなどの予防を呼びかけている。