人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

連載 春らんらん (7)

tweet
2017/04/13掲載(北見市/話題・本紙連載)

求婚相手求め…ヒバリのさえずり響く

常呂のワッカ原生花園で

春を運ぶヒバリが早くも北見市常呂のワッカ原生花園に姿を見せている。まだ植物は芽吹きの前だが、求婚相手を探す、さえずりが園内に響いている。

 ヒバリは体長17センチ前後で、スズメよりひと回り大きいオホーツクの夏鳥。越冬のため暖地に渡り、道内には繁殖のため飛来する。

 網走地方気象台はヒバリの規則的な行動と、観測のしやすさから生物季節観測としてヒバリの初鳴観測を行っている。網走におけるヒバリの初鳴の平年値は4月14日でウグイスは5月5日。

 ヒバリはピロピロ、ピッピッなど複雑な鳴き声を発しながら飛び、さえずる。時折、地上の草むらを歩き草の実や昆虫を食べる。まだ、雪が残るワッカの春は、これから命あふれる季節へと突入する。 (澄)