人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

北海道で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北商景気動向調査

tweet
2017/11/09掲載(北見市/社会・経済)

建設業と卸売業が大幅改善

製造業は悪化、原材料不足など影響か

北見商工会議所は平成29年度第2四半期(7~9月)の景気動向調査の結果をまとめた。業況全体は前年同期に比べ好転傾向を示している。

 北見市内の105社が回答。集計結果は、好転割合から悪化割合を差し引く景気動向指数(DI値)で表した。

 全体の業況は前年同期比で「好転した」とする企業が22.9%、「悪化した」とする企業が31.4%でDI値はマイナス8.5。同比5.4ポイント改善した。

 業種別の売上高は、建設業が同比35.6ポイント増、卸売業が同比34.3ポイント増と大幅に改善。小売業とサービス業もわずかに改善した。一方、製造業は同比19.5ポイント悪化した。同会議所は製造業の悪化について「原材料の不足、高騰が要因ではないか」としている。

 経営上の問題点の上位は「人材不足」が1位で、「諸経費増」「同業者間の競合」と続く。(柏)