人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

オホーツクの情報源 伝書鳩WEB

フリーペーパーの発行 日刊情報誌 チラシのポスティング 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

東日本大震災追悼集会

tweet
2017/03/14掲載(北見市/社会)

北見藤女子高で

被災地に祈り捧げる
宮城県での支援ボランティアを報告
復興まだまだ できることから

北見藤女子高校で10日、東日本大震災追悼集会が開かれた。1月に宮城県で復興支援ボランティアを行った生徒達が被災地の状況を報告し、生徒と教職員が祈りを捧げた。

 学園祭バザーの益金を活用し、希望する生徒を被災地の復興支援ボランティアに派遣している。1年生5人が半年の研修を経て、1月6日から5日間、宮城県の南三陸町で漁業、農作業などのボランティアに取り組んだ。

 追悼集会では生徒が写真とともにボランティアの様子を報告した。「思っていたよりも復興が進んでいないことに驚いた」「地域の人は苦しい状況の中、笑顔で過ごしている」とそれぞれ感じたことを発表。「私達にできることはたくさんある。支援を続けていきましょう」と呼び掛けた。

 発表した女子生徒は「被害の大きかった被災地は今でも震災当時のまま、時間が止まっていると感じました。これからも私のできることをどんどん増やして、ボランティア活動を続けていきたい」と話した。   (菊)