人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見市が協定締結

tweet
2019/01/23掲載(北見市/社会)

災害時に畳を提供、プロジェクト実行委と

避難所に輸送や敷設も
道建築士会、道建築士事務所協会の北見支部とも

北見市は21日、全国の畳店で組織する「5日で5000枚の約束。プロジェクト実行委員会」と災害時の畳の提供に関する協定を結んだ。

 「5日で5000枚の約束。」は、避難所に新しい畳を無料で届けるプロジェクト。同実行委には全国500店余り、道内では北見の(有)関畳店と札幌の畳店が加盟。自治体との協定は北見市が161件目で、大規模災害には要請に応じて畳を提供し、輸送や敷設も行う。

 畳には湿度調節機能や防音効果、リラックス効果などがあり、避難所生活の厳しさを緩和する効果が期待できるという。

 この日は実行委の事務局長代理、関畳店の関良政専務らが市役所を訪れ、辻直孝市長と協定書を交わした。事務局長代理は「被災者の環境が少しでも和らげば」と語り、辻市長は感謝の言葉を述べた。

 同日、市は北海道建築士会北見支部、北海道建築士事務所協会北見支部とも連携協定書を交わした。両支部は求めに応じて地震で被災した建物の応急危険度判定活動を行う。  (柏)