人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

GWは休まず開館

tweet
2019/04/23掲載(網走市/社会・告知)

網走市立郷土博物館とモヨロ貝塚館

休まず開館します-。網走市立郷土博物館とモヨロ貝塚館は、春のゴールデンウィーク中はすべて開館し、体験メニューを用意するなどして来館者を楽しませる。モヨロ貝塚館は、観光客ニーズを念頭に夏季は無休にすることを決めた。

企画展、体験メニューも
機会をより広く

郷土博物館の特別ミニ企画展

郷土博物館の特別ミニ企画展

両館は4月27日から5月6日のGW中、休まずに開館する。「大型連休中、市民が郷土自然と歴史を学び、ふれる機会をより広く提供したい」(郷土博物館)との思いからだ。

 GW開館に合わせ、郷土博物館は特別ミニ企画展「懐かしの旅路展-思い出の網走へ-」を開催する(写真上)。懐かしの土産品や観光パンフレット、絵はがき、旧駅舎の写真、“年代もの”のカメラや鞄などを展示する。

 一方、モヨロ貝塚館の特別企画「モヨロポストカードづくり」(写真下)は、モヨロにまつわるクジラやアザラシ、土器など20種類以上のスタンプを、台紙となる同館オリジナルはがきに押してポストカードを完成させる。スタンプは初お披露目となる。

 今回のGW中、市の社会教育施設の大半は休館日を設けている。両館は休館せずに、余暇中の市民らに足を運んでもらう考えだ。

 観光地である網走市において、モヨロ貝塚館は夏季観光シーズンの7月から9月の3カ月を休まず開館する。夏休み中の網走っ子など地元住民の来館増にも期待を寄せている。

 企画展などについての問い合わせは郷土博物館(0152・43・3090)へ。(大)

 

モヨロ貝塚館の特別企画

モヨロ貝塚館の特別企画