人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

オープン1カ月で5千人利用

tweet
2019/05/16掲載(訓子府町/社会)

訓子府町の新スポーツセンター

建て替えられてオープンした訓子府町の新スポーツセンターの利用者が4月の1カ月間で5千人を突破した。高さ6メートルのクライミング壁、最新鋭の機器を導入したトレーニング室が人気を集めている。

クライミング壁やトレーニング室が人気
健康アドバイスも好評

新スポーツセンターで3月31日、落成記念式典とオープン記念イベントが行われた。4月1日に見学会を開き、2日から利用可能となった。30日までに延べ5066人が利用した。 同センターはアリーナのほか、クライミング壁、トレーニング室、ランニングコースなどで構成される。

 4月にはクライミングの安全講習が4日間で8回行われ、毎回10人と定員いっぱいの利用があった。「登りきると達成感が味わえる」と人気。

 トレーニング室にはエアロバイクやルームランナーのほか最新鋭機器など合わせて17台を備える。健康運動指導士が週3回、マシンの使用方法、ストレッチのやり方などをアドバイスし、健康づくりをサポートしており、こちらも好評だ。

 サークル活動や大会での利用に関する問い合わせが町内だけでなく、北見市からも数多く寄せられているそう。5月にもクライミング講習や健康づくりサポート事業を行うため利用を呼び掛けている。

 問い合わせは同スポセン(0157・47・2195)へ。     (成)