人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

常呂でクリーンアップワッカ

tweet
2019/06/11掲載(北見市/社会)

2年ぶり実施
雑草抜き取りに汗

例年より量多く

景観維持を目的に、36回目となる「クリーンアップワッカ」が7日、北見市常呂町栄浦のワッカ原生花園で行われた。常呂高校と北見市などの共催。昨年は悪天候で中止しており、2年ぶりの雑草抜き作業に汗を流した。

 常呂高校の全校生徒39人と常呂の高齢者大学・オホーツク大学の学生27人をはじめ教職員や市職員らが参加。サロマ湖ワッカネイチャーセンターで、葉が似ているヨモギとエゾフウロの違いなど帰化植物と在来種の見分け方を教わり、園内へ。

 オホーツク大学の学生の中には10年以上にわたり毎年参加している人もいて「例年はネイチャーセンター周辺の草取りをしていたので、その辺りは雑草は減ったけれど、奥はまだけっこうありますね」と海辺の辺りまで行って熱心に抜き取っていた。別の学生は「ナガハグサは抜きづらい」と言いながら、もくもくと作業に励んでいた。

 この日は雑草類約390キロを抜き取った。園は今月中旬から本格的見頃を迎える。(寒)