人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

夏の高校野球…組み合わせ決まる

tweet
2019/06/15掲載(網走管内/スポーツ・教育)

夏の高校野球北・北海道大会北見支部予選

23日から北見市営球場で
開幕ゲームは藤澤五月選手が始球式

夏の甲子園をめざす第101回全国高校野球選手権北・北海道大会北見支部予選の組み合わせ抽選が14日、北見芸術文化ホールで行われた。2つの支部代表の座を懸け、23日から北見市営球場で熱い戦いを繰り広げる。

 12チーム(16校)が参加。初日第2試合では津別・斜里・清里と美幌・留辺蘂・訓子府の2つの連合チームがぶつかる。23、24日の1回戦のあと休養日を設け28、29、30日に準決勝、決勝戦を行う。

 同支部は昨年に続き、球場に大勢足を運んでもらおうと 盛り上げ策を企画している。

 初日の23日午前9時半から北見市営球場で行う開会式のグラウンドを美幌高校で栽培した花のプランターで飾る。開会を通告する打ち上げ花火を実施し、地元の北見北斗高校吹奏楽局の生演奏による入場行進と大会歌独唱を行う。開幕ゲームの始球式は、平昌冬季オリンピック銅メダルのロコ・ソラーレ、藤澤五月選手(北見北斗高校出身)を起用する。


始球式を務める小・中学生を募集

バッテリーでの参加も歓迎

 道高野連北見支部は、第101回全国高校野球選手権北・北海道大会北見支部予選(23~30日、北見市営球場)で始球式を務める小・中学生を募集する(写真は春季大会での始球式より)。

 男女を問わず一人での参加、バッテリーを組んでの参加、野球未経験者の応募も歓迎している。募集は23日(日)の第2試合と29(土)、30日(日)の各2試合。応募多数の場合は抽選で決定する。

 ファクスに氏名・性別・学校・学年・連絡先を書き、道高野連北見支部始球式係(網走南ヶ丘高校、ファクス0152・43・4451)へ。