人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

ダイハツ北海道小学生ABC大会で3位入賞

tweet
2019/07/13掲載(北見市/スポーツ・教育)

北見市バドミントン少年団

北見市バドミントン少年団の北見西小2年男子児童と北見美山小2年女子児童が、6月に釧路で開かれた「第20回ダイハツ北海道小学生ABCバドミントン大会」の男女別の小学1・2年生の部で、それぞれ3位入賞を果たした。2人とも全道大会での入賞は初めてで、喜びをかみしめている。

北見美山小2年女子児童
北見西小2年男子児童
全道入賞は初「これからも頑張りたい」

小学1・2年生の男子の部には14人、女子の部には21人が出場。予選リーグの上位者による決勝トーナメントで優勝を争った。

 西小2年男子児童は予選リーグを首位で突破し、2日目の決勝トーナメントに進出。当日は「朝ごはんが食べられないほど緊張した」が、試合開始前に立て直して準決勝に勝ち進んだ。準決勝も敗れはしたものの、接戦に持ち込む粘りを見せた。

 美山小2年女子児童は予選リーグを2位で通過し、決勝トーナメントへ。試合中、自分のプレーのふがいなさと、自身への怒りで涙を流す場面もあったが、それをバネに準決勝まで勝ち進む快進撃を見せた。準決勝では勝利まであと一歩の展開に持ち込んだものの、逆転負けを喫した。

 ジュニア担当コーチは「2人とも力が強く、強いショットを打てるのが武器。レベルの高い先輩達のまねをしているので、まだまだ強くなってくれるはず」と期待を寄せる。

 2人は「これからも全道大会で入賞できるように頑張りたい」と目を輝かせ、その先の全国大会出場を夢見ている。   (匡)