人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

測量技術をプロと競う

tweet
2019/07/23掲載(北見市/行事・教育)

高校生ものづくりコンテスト出場懸け
北見工業高 建設科が校内予選

オホーツク二建会が協力 学生のスキルアップに

 北見工業高校で18日、高校生ものづくりコンテスト北海道ブロック大会測量部門の出場者を決める校内予選会が行われた。学生達のスキルアップにつながればと、管内の若手建設業経営者によるオホーツク二建会の会員企業が高校生の対戦相手を務めた。

 予選会は決められた場所の測量を行う「外業」のタイムを争った。3人1チーム制で、同校建設科1~3年生でつくる2チームと、二建会から3チームが競技に挑んだ。

 1ミリの世界を競い合う競技とあり、学生達は真剣な表情で練習の成果を試した。企業チームは「測量はものづくりの基本。測量器械がないと仕事が止まる」と語り、学生達にプロの段取りと仕事ぶりを黙々と見せた。

 協力企業の株式会社ディ・エス・ジー(訓子府町)佐伯宏副社長は講評で「風向きなど現場の状況に合わせて対応ができるようになると、さらにスピードが上がります。大会でも焦らずに頑張って」とアドバイスした。

 予選会でのタイムや器械の扱い方、外業の結果を計算する能力などを踏まえ上位3人が8月1、2日に同校で開催される道大会に出場する。   (理)