人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

6年ぶりのミニバス大会開催

tweet
2019/07/30掲載(北見市/スポーツ・教育)

8月3、4日・道ミニバス夏季交歓大会北見大会
北見地区予選優勝の2チームも活躍誓う

 第31回ミニバスケットボール北海道ブロック大会兼第40回北海道ミニバスケットボール夏季交歓大会北見大会が8月3、4日、道立北見体育センターなどで開かれる。順位を付けない交流大会。北見地区の男女各6チームをはじめ、道内地区予選を勝ち抜いてきた男女それぞれ24の強豪チームが出場する。北見地区予選で優勝した小泉・端野ミニバス少年団(男子)と北見ポプラガールズ(女子)は、6年ぶりの地元開催での活躍を誓っている。    (菊)

全国への前哨戦…北見代表として内容にこだわりたい
小泉・端野ミニバス少年団「他チーム圧倒する試合を」
北見ポプラガールズ「ベスト尽くします」

北見ポプラガールズ

北見ポプラガールズ

 小泉・端野ミニバス少年団は、昨年度全国大会出場を果たしており、今季も負けなしの快進撃を続ける。

 現在メンバーは、小泉、端野、緑小学校の1~6年生41人。監督は「ひとり1人の技術が高くなる練習をしており、高さにもスピードにも対応できるチームになっている」という。

 センターの小泉小6年男子児童は北海道大会に「地元での開催なので、さらに頑張りたい」と意欲を見せる。

 ガードを担当する小泉小6年男子児童は「みんな得意なことが違うので、どんな状況、相手でも戦える」と胸を張る。

 全国につながる冬の大会を前にした、前哨戦とも言える大会。「他チームを圧倒する試合をして、全道、全国大会出場に向けて弾みを付けたい」と声を揃えている。

 北見ポプラガールズのキャプテン・北見美山小6年女子児童は「勝ち負けではなく、内容にこだわり、ベストを尽くしたい」と話す。

 同チームのメンバーは美山、東小学校の2~6年生23人。「家族や応援してくれる人達に頑張りが伝わるプレー」を心掛ける。何度も優勝しているチームだが、今年度は一回戦負けを経験、悔しさをバネに練習に励んできた。

 今大会について監督は「道内の強豪チームと試合ができる良い機会。これまでチャンスを活かしきれなかったが、この大会で足りない何かがつかめれば」と期待する。

 キャプテンは「いろいろな人が見に来てくれるので、北見代表としてよい試合がしたい」と静かな闘志を見せている。

 

小泉・端野ミニバス少年団

小泉・端野ミニバス少年団