人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

美幌で権利擁護研修会

tweet
2019/07/31掲載(美幌町/社会)

よりよい意思決定支援のために

障がい者や認知症高齢者らへのより良い意思決定支援を考える、権利擁護研修会が23日、美幌町しゃきっとプラザで開かれた。

 美幌町と美幌町地域包括支援センターが主催。介護や障がいに関する事業所などから約30人が参加した。

 法テラス埼玉法律事務所弁護士の水島俊彦さんが講義。意思決定支援をする際に大切なこととして「適切な時期か。十分な時間と情報、明確な選択肢が与えられているか。本人が理解しやすい形で情報を提供しているか」などを挙げた。

 さらに「本人が賢明でない判断をした時、支援者や後見人は『決めてあげなければならない』と考えがちだが、そのことで意思決定能力が欠如しているとは限らない」と指摘。「客観的な最善の利益に基づく支援では、本人の意思を引っ張ることになりかねない」と述べた。

 町やセンターの職員が、認知症高齢者の施設入所など3つの支援について寸劇を披露。寸劇を基に参加者同士で話し合い、発表してより良い支援のあり方を共有した。(浩)