人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

東日本学校吹奏楽大会 初出場

tweet
2019/09/17掲載(美幌町/教育)

美幌北中学校吹奏楽部

 美幌北中学校吹奏楽部が、10月12日に石川県金沢市で開かれる東日本学校吹奏楽大会(中学校部門)に初出場する。8月の北海道吹奏楽コンクール(中学校C編成)で代表の座を獲得。9月25日(水)には美幌町民会館びほーるで壮行演奏会も予定され、町民の応援を背に大舞台に挑む。

「良い演奏を目指したい」
25日には壮行演奏会も

 札幌市で開かれた北海道コンクールは24校が出場し、北中は片岡寛晶作曲の「鳥之石楠船神(とりのいわくすふねのかみ)~吹奏楽と打楽器群のための神話」を演奏。8校に与えられる金賞を受賞し、さらに3校のみが手にする代表に選ばれた。東日本大会中学校部門は30校が出場する。

 今月9日には美幌町教育委員会の矢萩浩教育長が中学校を訪問。「夏休み中に努力した結果と思う。すばらしいメンバーと、1人では味わえない喜び、かなえられない夢を実現して」と激励を受けた。

 部長(3年)は「道大会では緊張もあり、納得のいく演奏ができず号泣した。推薦を受けられるとは思っていなかったのでうれしい。今回のくやしい思いをバネに、東日本でいい演奏ができるよう、その先を目指して練習したい」と応えた。

 「笑顔を大切に 心に残るいい演奏をして お客さんに感動してもらう」と黒板に書かれた音楽室で練習を重ねる。「音の入りを合わせ、個人のミスを減らしたい。北海道の大きな舞台を経験し、度胸がついた。緊張しないということはむずかしいが、壮行演奏会にも力を入れる中で、良い演奏を目指したい」(部長)と話している。

 25日の壮行演奏会は午後6時半から。入場料は500円。詳しくは中学校(0152・73・5069)へ。         (浩)