人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

男女共同参画推進フォーラムに参加

tweet
2019/09/18掲載(美幌町/社会)

日本女性の現状にショック
美幌の女性2人

役場で成果を報告
福島、避難生活者の大変さ実感も

 美幌町の女性国内研修で、埼玉県嵐山町で開かれた男女共同参画推進フォーラムに参加した、美幌町婦人防火クラブの64歳女性と70歳女性が12日、役場で矢萩浩教育長に成果を報告した。

 2人は美幌町自治会連合会女性部会の推薦を受け、8月28日~9月2日の日程で参加。フォーラムでは、日本国憲法の条文草案に関する講演を受講したほか、3日間さまざまなテーマで繰り広げられるワークショップからそれぞれ4つを選択して受講した。

 ヨーロッパと日本の政治、教育など各分野の女性参画の取り組みを比較するワークショップに参加した64歳女性は「日本の参画率の低さにショックを受けた。参画できる状況を整えるむずかしさも感じた」と報告した。

 70歳女性は、福島第一原発事故の避難生活者の相談に関するワークショップに参加。「いまだに避難生活を送る人がいるという現実や、避難生活者に対する偏見と戦う大変さを実感した」と述べた。

 2人は今後、報告書をまとめ、研修参加者でつくる「らんざんの会」に入会して学習活動に取り組む。矢萩教育長は「研修で得た〝きづき〟を周りの皆さんに伝えていただけたら」と話した。    (浩)