人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見の執筆家6人の冊子「6人集」

tweet
2019/10/21掲載(北見市/文化)
「6人集~2019秋」

「6人集~2019秋」

 北見の執筆者が作品を寄せた冊子「6人集~2019秋」が発刊されました。

 女性は届いたメールを基に小説「誰あなたは」をつづりました。現代的な取っ掛かりで主人公の心理的変化を、妄想を含め展開していきます。

 男性は藤澤ビル、喫茶チェーザレ付近から北見駅に向かって一糸まとわぬ姿で走る男を小説「中央通り」の題で書きました。初稿を添えています。

 男性のエッセー「道(第二部全)」には1970年代後半の北見の文化人が多数登場。雑誌「のび」創刊にかかる取り巻き達の一人、漁火さんについて「誠実で、言葉と行いの一致する人の人生は美しい」と記しています。

 同誌の発行者でもある男性は評論「迷宮と扉―無用人」に脚本家・向田邦子さんについて書きました。「向田のエッセーは水際立ったシングル、小説はダブルの世界」などと評しています。

 書き手の作品を含めB5判155㌻に集約されています。価格は5百円。北見市内の福村書店、喫茶ばんかむで扱っています。