人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

北見自治連の防火防災担当者研修会

tweet
2019/10/22掲載(北見市/社会)

災害時「自助、共助、公助」で被害軽減を

 北見市北見自治会連合会の防火防災担当者研修会がこのほど、北見市東三輪のサンライフ北見で開かれた。北見市防災危機管理室の防災係長が「北見市における災害対策」をテーマに講話した。

 暴風雪や台風など、北見市で過去に起きた災害の状況や「避難勧告」などの避難情報について説明した。

 人間には、災害などの突発的な事態に対峙すると「自分だけは大丈夫」と物事を正常の範囲と認識してしまう「正常性バイアス」という特性があり、これが非常事態が起きた時に適切な行動を阻害してしまう可能性があるという。「正常性バイアスは一人ひとりに備わっていると認識して乗り越え、避難してほしい」と呼び掛けた。

 災害時は自分や家族の安全を自分で守る「自助」が基本で、その後に地域や町内会で助け合う「共助」、さらに行政機関の「公助」が力を発揮する。「それぞれが連携し、はじめて災害の被害を少なくすることができる」と話した。

 町内会員の防災意識の向上につなげるために自主防災組織の立ち上げを提案。「町内会活動の一環として、取り組んでもらえたら」と結成方法や活動内容などを紹介した。(菊)