人が暮らす〝今〟と〝未来〟を探そう!!

北見市・網走市・美幌町・大空町・津別町・置戸町・訓子府町の2市5町に約85,000部を所定エリア全域配布

【オホーツクの情報源/伝書鳩WEB】

北見市で発行される日刊フリーペーパー 情報誌 チラシのポスティング 広告 所定域の全戸配布・部分配布 WEBコンテンツ オホーツク特選街・サイト制作
サイト内メニュー
会社案内メニュー

人生100年時代楽しむには…

tweet
2019/11/28掲載(訓子府町/社会)

訓子府で男女共同参画セミナー
樋口恵子さんが講演

介護者支えるまちづくりを
高齢者には「食」「職」「触」

 東京家政大学名誉教授で、NPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長の樋口恵子さんによる講演会「人生100年時代を楽しむまちづくり」が24日、訓子府町公民館で開かれた。

 講演会は北見・斜網地区社会教育委員等研修会と同町男女共同参画セミナーを兼ねて行われた。

 樋口さんは、少子化により介護者が複数の要介護者の面倒を見るという〝多重介護者〟が増えている現状を紹介。「介護者が介護の合間に温泉に出掛け、休息できるようなバックアップ制度が必要」とし、「親の介護で仕事を辞める人が出ないよう、血縁でなくても地域で支える社会に」と呼びかけた。

 これからの高齢者の重要な生活要素として「食」「職」「触」の3点を挙げた。「食事はひとりではなく、できるだけ大人数で取る」「人の役に立つことや地域での手伝いを心掛ける」「人との交流(ふれあい)を大切にし、趣味の会に参加する」などを勧めた。  (成)